マーカス・グロスコフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マーカス・グロスコフ
Markus Grosskopf
マーカス・グロスコフ(2010年)}
マーカス・グロスコフ(2010年)
基本情報
出生名 Markus Großkopf
出生 1965年9月21日(48歳)
出身地 ドイツの旗 ドイツ ハンブルク
ジャンル ヘヴィメタル
メロディック・パワー・メタル
職業 ベーシスト
担当楽器 ベースギター
活動期間 1978年 -
共同作業者 ハロウィン
ショックマシーン
ベース・インヴェイダーズ
公式サイト Official Helloween Website

マーカス・グロスコフ(Markus Grosskopf: Markus Großkopf1965年9月21日-)はドイツハンブルク出身のベーシスト[1]ヘヴィメタルバンド、ハロウィンの創設者の一人であり、現在もベーシストとして活動している。身長192cm。

ドイツ語ではGroßkopfとエスツェットを用いて書く[2]が、Grosskopfとss表記されることが多い。

バイオグラフィ[編集]

ギターのマイケル・ヴァイカートと共にハロウィン結成当初から現在に至るまで在籍している。

15歳のとき、数週間のキャンプに出かけた際、ギターとドラムを演奏しているパンク・ロックのグループと知り合い、ベーシストのいなかったそのバンドの求めに応じてベースを始めた[1][3]1981年ハードロックメタルをプレイすることを望んでバンドを脱退、カイ・ハンセンのバンド、セカンド・ヘル(Second Hell)に加入する。セカンド・ヘル解散後、マイケル・ヴァイカートのバンド、パワー・フール(Power Fool)でハンセンと再会、インゴ・シュヴィヒテンバーグとともに加入し、ハロウィン(Helloween)と改名して現在に至る[1]

他のメンバーと比較するとアルバム収録曲数は多くはないが増加傾向にあり、2013年にリリースされたアルバム「ストレイト・アウト・オブ・ヘル」ではアルバムタイトル曲を書いている。

ハロウィンでの活動と並行して、ショックマシーンでベースとリズムギターを担当し、1998年にソロアルバム「ショックマシーン」をリリース。ケン・ヘンズレージョン・ロートンのバンド、ユーライア・ヒープのアルバム「ソールズベリー」のオーケストラバージョンでベースを担当、トビアス・ザーメットのプロジェクトであるアヴァンタジアのアルバム「Metal Opera Pt. 1」「Metal Opera Part II」に参加した。キックハンターのファーストアルバム「Hearts and Bones」と「Little Monsters」にもベースで参加している。また、彼の実験的プロジェクトであるベース・インヴェイダーズはギターを入れず、ベース、ドラム、ヴォーカルのみで構成されている。

音楽的特徴[編集]

ディープ・パープルレインボーシン・リジィキッスUFOに影響を受けている[1]

ベースラインが非常に目立つプレイスタイルで、「Heavy Metal(Is The Law)」や「Eagle Fly Free」のようにソロパートのある曲もある。

「I Want Out」や「Just a Little Sign」といったシンプルなベースラインの曲ではピック、「Halloween」や「Eagle Fly Free」などのリードタイプの曲は指と、曲によって弾き分ける。最近はベースソロやリードパートが増えたり、「Mrs. God」ではスラップ奏法を用いるなど[4]、プレイスタイルの幅を広げている。

サンドバーグのベースとジム・ダンロップの弦をメインに使用している[1]

使用機材[編集]

アンプ[編集]

  • アンペグ SVT-400W
  • アンペグ SVT-8x10キャビネット

ベース・ギター[編集]

ハロウィン以外のディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

ショックマシーン
  • 1999: Shock Machine
ベース・インヴェイダーズ
  • 2008: Hellbassbeaters
アヴァンタジア
  • 2001: The Metal Opera
  • 2002: The Metal Opera Pt. II
ローランド・グラポウ
  • 1997: The Four Seasons of Life

ゲスト[編集]

ストームウォリアー
  • 2002: StormWarrior
アンディ・デリス
  • 1997: Come in from the Rain

その他[編集]

  • 学校を卒業後、しばらく肉屋の見習いをしていた[1]
  • ステージ上ではヴォーカルのアンディ・デリスとコミカルなパフォーマンスを見せることが多い。

脚注・注釈[編集]

  1. ^ a b c d e f Official Helloween Website
  2. ^ SHOCKMACHINEリーフレットの名前はGroßkopfとなっている
  3. ^ セックス・ピストルズラモーンズXTCなどをカバーしていた
  4. ^ 「Goin' Home」(アルバム「ピンク・バブルズ・ゴー・エイプ」)でもスラップ奏法を用いている

関連項目[編集]

外部リンク[編集]