マフィア島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マフィア島英語:Mafia Island)は、インド洋にあるタンザニア領の島で、ウングジャ島ペンバ島とともにザンジバル諸島を構成する島である。マフィア島はザンジバル革命政府の自治範囲である他の二島とは異なり、タンザニア本土のプワニ州に属する。

2002年のタンザニア国勢調査によると、マフィア島の人口は 40,801人である[1]。経済の中心はキリンドーニという港町で、漁業と自給自足による農業で成り立っている。また、スクーバダイビングや釣りを目的とする観光も盛んである。

マフィア島をあらわすタンザニアの地図
プワニ州のマフィア地区と各地区
マフィア島内の地区・村の境界地図
かつての航海地図

地理[編集]

マフィア群島は、1つの大きな島(394 km²) と、いくつかの小島で構成される。小島には有人島も含まれ、チョーレ島 (2 km²) には 800人居住している。チョーレ湾はマフィア島最初の停泊地・港であり、砂浜がある。主な町はキリンドーニである。ルフィジ川デルタ地帯は、マフィア・チャンネルと呼ばれる。島にはピグミーカバがいるという噂があるが、確かな目撃例はない。

歴史[編集]

マフィア島の歴史は 8世紀から始まる。島はかつて極東東アフリカの人々の間での貿易で活躍しており、アラブ船の停留所だった。チョーレ湾は、キルワ・キシワニなどと同じくジンバブエ銀山からの取引を管理している最も重要な町の1つだった。

1890年、ドイツがマフィア島を支配し、チョーレ島に建物を建設した。ドイツはオマーン支配下のスルタンサイイド・アル・ビン・セド・アルセドへ 400万マルクを島と海岸の代金として支払った。第一次世界大戦中の1915年1月、イギリス軍は、ルフィジ川河口部にひそむドイツ軽巡洋艦ケーニヒスベルクを海と空から攻撃するための拠点としてマフィア島を占領した。

「マフィア」の名前の由来は、アラビア語の「morfiyeh」(意味は「グループ」「群島」)という説と、スワヒリ語の「mahali pa afya」(意味は「健康的な場所」)という説がある。

1995年にマフィア島は、自然の海洋野生生物を観光地とする代わりにWWFから財政援助を受けた。そしてタンザニアで最初に海洋公園として指定されたのが、マフィア海洋公園である[2]。。

行政管理[編集]

キリンドーニにある空港

マフィア地区は 7地区に行政的にわけられる。その面積と人口を以下に示す[3]

地区名 面積
km²
人口
2002年
Baleni 132.1 9137 Baleni, Kungwi, Ndagoni, Chunguruma
Jibondo 21.9 3405 Jibondo, Chole, Juani
Kanga 52.7 3317 Kanga, Bweni
Kilindoni 36.8 11696 Kilindoni, Dongo
Kirongwe 77.0 5260 Kirongwe, Jimbo, Banja, Jojo
Kiegeani 40.3 3379 Kiegani, Marimbani
Mibulani 52.3 4363 Miburani, Mlongo, Chemchem
マフィア島 413 40801 20村

参考文献[編集]

脚注[編集]

  • Chami, F. A. 1999. “The Early Iron Age on Mafia island and its relationship with the mainland.” Azania Vol. XXXIV 1999, pp. 1-10.
  • Chami, Felix A. 2002. “The Graeco-Romans and Paanchea/Azania: sailing in the Erythraean Sea” by Felix A. Chami. From: Red Sea Trade and Travel. The British Museum. Organised by The Society for Arabian Studies. Downloaded on 20 July, 2003 from: http://www.google.au/search?q=cache:aECfkPV1-0oJ:www.thebritishmuseum.ac.uk/ane/fullpapers.doc

座標: 南緯7度51分 東経39度47分 / 南緯7.850度 東経39.783度 / -7.850; 39.783

外部リンク[編集]