マヌーチェフル・モッタキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イランの旗 イランの政治家
マヌーチェフル・モッタキー
منوچهر متکی
Manouchehr Mottaki at the World Economic Forum Annual Meeting Davos 2008.jpg
2008年のスイス、ダヴォスにおける世界経済フォーラムに出席したモッタキー
生年月日 1953年5月12日(61歳)
出生地 Flag of Iran (1964).svg イランバンダレ・ギャズ
所属政党 イスラーム技術者集団

任期 2005年8月24日 - 2010年12月13日
大統領 マフムード・アフマディーネジャード
テンプレートを表示

マヌーチェフル・モッタキーペルシア語: منوچهر متکی‎; Manūchehr Mottakī; 1953年5月12日 -)は、イラン政治家外交官

人物[編集]

ゴレスターン州カスピ海沿岸の港湾都市バンダレ・ギャズ市出身。

インドのバンガロール大学の社会科学分野の学士号(1976年)、テヘラン大学の国際関係分野の修士号(1996年)を有する。英語日本語ウルドゥー語及びトルコ語を話す。

1980年、第1期マジュレス(議会)代議員に選出された。1984年から外交官。駐日本特命全権大使を務めた経験を持っている。

大統領マフムード・アフマディーネジャードによる推薦を受け、2005年8月24日イラン外相に就任。

2010年12月13日セネガルを訪問中にアフマディーネジャードより解任。イランの核開発問題に関しての措置と見られている[1]

略歴[編集]

モッタキーは、核開発に関して、欧州連合諸国との交渉に厳格に反対している。以前、彼は、核問題で譲歩してはならないと表明したことがある。

出典[編集]

  1. ^ イラン、モッタキ外相を解任 毎日新聞(2010年12月13日)

外部リンク[編集]


公職
先代:
キャマール・ハッラーズィー英語版
イランの旗 イラン・イスラム共和国外務大臣
第11代:2005 - 2010
次代:
アリー・アクバル・サーレヒー