マッコーリー島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
世界遺産 マッコーリー島
オーストラリア
マッコーリー島
マッコーリー島
英名 Macquarie Island
仏名 Ile Macquarie
面積 12,785ha
登録区分 自然遺産
登録基準 (7),(8)
登録年 1997年
IUCN分類 Ia(厳正保護地域)
公式サイト ユネスコ本部(英語)
地図
マッコーリー島の位置
使用方法表示

マッコーリー島(Macquarie)はオーストラリア領の無人島で、タスマニア州から約1400kmの地点にある。1997年ユネスコ世界遺産(自然遺産)に登録された。

概要[編集]

マッコーリー島は本土のオーストラリア大陸および、タスマニア島よりも、ニュージーランドに近く位置する。島は全長約34kmの島で、幅は最大5kmという細長い島である。が激しいため木が生えず、島には草原が広がっている。

一方でペンギンの大規模繁殖地であり、島内では数種類のペンギンを抱える。またアザラシも数種抱える。これらのペンギンやアザラシは20世紀初頭までに乱獲が行われ、その数が激減したが近年の保護活動によりある程度回復した。

現在では一般人の観光目的での立ち入りは固く禁じられている。

非常に雨が多く、世界の気象台統計データによると年間の降雨日が約307日と世界で最も多かった。※0.1mm~1.0mm以上の降雨があった日を1日として集計したもの(調査年:1961年~1990年)

登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (7) ひときわすぐれた自然美及び美的な重要性をもつ最高の自然現象または地域を含むもの。
  • (8) 地球の歴史上の主要な段階を示す顕著な見本であるもの。これには生物の記録、地形の発達における重要な地学的進行過程、重要な地形的特性、自然地理的特性などが含まれる。

ギャラリー[編集]

関連項目[編集]