マチュー・ケレク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マチュー・ケレク
Mathieu Kérékou
Mathieu Kérékou 2006Feb10.JPG

任期 1996年4月4日2006年4月6日

任期 1990年3月1日1991年4月4日

任期 1975年11月30日1990年3月1日

任期 1972年10月26日1975年11月30日

出生 1933年9月2日(80歳)
フランスの旗 仏領ダホメ、クアルファ
政党 ベナン人民革命党 (1975-1990)

マチュー・ケレクMathieu Kérékou, 1933年9月2日 - )はベナン政治家大統領

経歴[編集]

1961年陸軍に参加し、1967年にはモーリス・クアンデテ少佐に従い、クーデタークリストファ・ソグロ独裁政権を打倒した。

1972年10月26日に再度クーデターを起こし、フベルト・マガスル・ミガン・アピティジャスティン・アホマデグベらが構成する大統領協議会を打倒して大統領に就任し、1991年まで務めた。その後1996年の大統領選で当選。

ケレクは中華人民共和国と国交を樹立し(1972年12月)、マルクス・レーニン主義に基づき社会主義国家建設を目指した。1975年11月には国名を「ベナン人民共和国」へ改称し、「ベナン人民革命党(PRPB)」を結成した。しかし、国有化政策はすぐ挫折し、クーデター未遂や軍と急進派の対立など政情不安を招くことになった。このため、ケレク政権は1980年代には西欧諸国に接近し、路線修正を図った。

1990年、経済政策の失敗によって民主化運動が激化し、ケレクは民主化勢力の要求を呑んで複数政党制を認め、国民会議を招集。国民会議はケレクが穏やかに民主化勢力に譲歩したことを評価し、ケレクに大統領時代の免責を与え、また民主的大統領選挙までの間、実権は制限したもののケレクの大統領としての地位・名誉は保証された。

1991年、民主大統領選挙に出馬するものの、ニセフォール・ソグロに敗れ下野する。その後、1996年の大統領選に出馬し、今度はソグロを破って当選。2001年の選挙でも再びソグロを破って再選された。

クーデターで実権を握るなど、当初こそ軍事独裁色が強かったが、選挙で当選した1996年以降はベナン経済の市場経済化を進め、またアフリカ諸国に平和維持部隊を派遣するなど、積極的な政治運営を行なっている。憲法上の三選禁止の規定を遵守して2006年3月に任期満了にともなって退陣し、選挙によってヤイ・ボニが次の大統領となった。

また、2002年にはゾマホン・ルフィンへ国民栄誉賞を与えた。

外部リンク[編集]


公職
先代:
ニセフォール・ソグロ
ベナンの旗 ベナン共和国大統領
第3代:1996 - 2006
次代:
ヤイ・ボニ
先代:
(自分自身)
(ベナン人民共和国大統領)
ベナンの旗 ベナン共和国大統領
初代:1990 - 1991
次代:
ニセフォール・ソグロ
先代:
(自分自身)
(ダホメ共和国大統領)
Flag of Benin (1975-1990).svg ベナン人民共和国大統領
(1980~1990年は革命軍事政府議長)
初代:1975 - 1990
次代:
(自分自身)
(ベナン共和国大統領)
先代:
ジャスティン・アホマデグベ
(最高協議会議長)
ベナンの旗 ダホメ共和国大統領
1972 - 1975
次代:
(自分自身)
(ベナン人民共和国大統領)
外交職
先代:
シアカ・スティーブンス
西アフリカ諸国経済共同体議長
第6代:1982 - 1983
次代:
セク・トゥーレ