マイ・ハート、マイ・ラブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マイ・ハート、マイ・ラブ
Playing by Heart
監督 ウィラード・キャロル
脚本 ウィラード・キャロル
製作 ウィラード・キャロル
メグ・リーベルマン
トム・ウィルハイト
製作総指揮 ガイ・イースト
ボブ・ワインスタイン
ハーヴェイ・ワインスタイン
ナイジェル・シンクレア
ポール・フェルドシャー
出演者 ジリアン・アンダーソン
エレン・バースティン
ショーン・コネリー
アンソニー・エドワーズ
アンジェリーナ・ジョリー
ジェイ・モーア
ライアン・フィリップ
デニス・クエイド
ジーナ・ローランズ
ジョン・スチュワート
マデリーン・ストウ
音楽 ジョン・バリー
撮影 ヴィルモス・スィグモンド
編集 ピエトロ・スカリア
配給 アメリカ合衆国の旗 ミラマックス
日本の旗 ギャガ・コミュニケーションズ
ヒューマックス・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1998年12月18日
日本の旗 2000年5月20日
上映時間 121分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $20,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $3,970,078[1]
テンプレートを表示

マイ・ハート、マイ・ラブ』(原題:Playing by Heart)は、1998年に公開されたアメリカロマンティック・コメディ映画。日本公開は2000年5月

概要[編集]

ロサンゼルスを舞台に11人の男女の人間模様を豪華キャストで描いた群像劇

あらすじ[編集]

結婚40周年を機会に今までの人生を見つめなおす老夫婦(ショーン・コネリー&ジーナ・ローランズ)。ある秘密を抱えた男性とその恋人(ライアン・フィリップ&アンジェリーナ・ジョリー)。不倫を続ける女性と、彼女を本気で愛してしまった男性(マデリーン・ストウ&アンソニー・エドワーズ)。嘘の身の上話を語り続ける男性(デニス・クエイド)。離婚が原因で恋に臆病になってしまった女性と、そんな彼女を支えようとする男性(ジリアン・アンダーソン&ジョン・スチュワート)。エイズの末期患者で死が目前に迫った青年とその母親(ジェイ・モーア&エレン・バースティン)。

11人の男女それぞれの人生を描く。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ポール ショーン・コネリー 若山弦蔵
ハンナ ジーナ・ローランズ 寺島信子
キーナン ライアン・フィリップ 桐本琢也
ジョーン アンジェリーナ・ジョリー 深見梨加
グレイシー マデリーン・ストウ 高島雅羅
ロジャー アンソニー・エドワーズ 井上倫宏
ヒュー デニス・クエイド 大塚明夫
メレディス ジリアン・アンダーソン 戸田恵子
トレント ジョン・スチュワート 堀内賢雄
マーク ジェイ・モーア 内田夕夜
ミルドレット エレン・バースティン 谷育子
ボスコ マイケル・エマーソン
弁護士 ナスターシャ・キンスキー(ノンクレジット) 沢海陽子

脚注[編集]

  1. ^ a b Playing by Heart (1998)” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2010年4月25日閲覧。

外部リンク[編集]