マイク・ボイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獲得メダル
ケニアの旗 ケニア
陸上競技
オリンピック
1972 ミュンヘン 男子800 m

マイク・ボイト(Michael ("Mike") K. Boit、1949年6月1日- )は、ケニアの陸上競技選手。1972年ミュンヘンオリンピックの銅メダリストである。

経歴[編集]

ボイトは、ケニア西部リフトバレー州ケイヨ県イテン出身。1969年に800mでケニアの高校チャンピオンとなる。卒業後はケニアッタ大学に進学。大学を卒業した1972年にはミュンヘンオリンピックに出場し、800mでアメリカデーブ・ウォットルソ連エフゲニー・アルザノフに次いで3位となり銅メダルを獲得した。さらに、1500mにも出場。ケニアの伝説的なランナーであるキプチョゲ・ケイノも出場していたこのレースでは、惜しくも4位となり2個目のメダルを手にすることはできなかった。

ボイトは、4年後のモントリオールオリンピックへは、ラグビー南アフリカ共和国と交流したニュージーランドがオリンピックに出場することに対して、ケニアをはじめとしたアフリカ諸国がボイコットしたことにより、出場することができなかった。この時『トラックの色も知らないお偉方が、我々からオリンピック出場の機会を奪ってしまった。怖ろしいことだ。』とボイコットを批判するコメントを出した。

それでも、ボイトは1970年代を通じて世界のトップランナーであり続けた。1974年のコモンウェルスゲームズ2位、1977年のワールドカップの800mではモントリオールオリンピック優勝のアルベルト・ファントレナと大接戦を演じ2位。100mのS・ウィリアムス、長距離のミルツ・イフターとともにモントリオール不出場組の存在感を示した。1978年のコモンウェルスゲームズでは800mで優勝。1500mで3位。1979年の第1回アフリカ選手権でも1500mで優勝を果たしている。

しかし、1980年のモスクワオリンピックは、今度はソ連のアフガニスタン侵攻に対しケニアがボイコットしたため、ボイトは再びオリンピックの舞台に立つことはできなかった。ボイトはその後も競技を続け、1990年に現役を引退。引退後は国際陸連の組織の一員として活動。現在ではケニヤッタ大学の体育学の教授の職にある。

ケニア初の冬季オリンピック選手として1998年の長野オリンピックのクロスカントリスキーに出場したフィリップ・ボイトは、彼の甥にあたる選手である。

自己ベスト[編集]

  • 800 m - 1分43秒57 (1976年)
  • 1000 m - 2分15秒30 (1977年)
  • 1500 m - 3分33秒67 (1981年)
  • 1マイル - 3分49秒45 (1981年)

主な実績[編集]

大会 場所 種目 結果 記録
1972 オリンピック ミュンヘン(西ドイツ) 800m 3位 1分46秒0
1972 オリンピック ミュンヘン(西ドイツ) 1500m 4位 3分38秒4
1974 コモンウェルスゲームズ クライストチャーチ(ニュージーランド) 800m 2位 1分44秒39
1977 IAAFワールドカップ デュッセルドルフ(西ドイツ) 800m 2位 1分44秒14
1978 コモンウェルスゲームズ エドモントン(カナダ) 800m 1位 1分46秒39
1979 アフリカ選手権 ダカール(セネガル) 1500m 1位 3分39秒9
1982 コモンウェルスゲームズ ブリズベン(オーストラリア) 1500m 3位 3分43秒33

外部リンク[編集]