ポモラヴリェ郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ポモラヴリェ郡
Поморавски округ
Pomoravski okrug
中央セルビア内のポモラヴリェ郡の位置
セルビアの国旗 セルビア共和国
地方 中央セルビア
郡都 ヤゴディナ
人口 227,435
(2002年時点)
面積 2,614 km²
人口密度 87.0/km²
基礎自治体 6
集落数
  -町
  -村
191
6
185
標準時 CETUTC+2
夏時間CESTUTC+3

ポモラヴリェ郡セルビア語:Поморавски округ / Pomoravski okrug)は、セルビア。中心地はヤゴディナ。郡名は郡内を通るヴェリカ・モラヴァ川(大モラヴァ川)に由来し、po (~沿いの) morava (モラヴァ川)で「モラヴァ川沿岸地域」の意味である。

基礎自治体[編集]

郡には6つの基礎自治体がある。 郡庁所在地のヤゴディナのみが市(град / grad)で、残りの自治体はオプシュティナ(општина / opština)である。市は、ヴォイヴォディナ自治州・旧コソボ・メトヒヤ自治州を含めるとセルビア全土に24存在し、より強い自治権を有する。オプシュティナは日本の町・村に相当する。

人口[編集]

2002年の国勢調査による民族別の人口構成は次の通りである。

文化[編集]

19世紀の建築が残されており、それ以前の時代の遺構もハイドゥク・ヴェリコ(en:Veljko Petrović)の邸宅や、ミロシュ・オブレノヴィチにより寄進された大天使ミカエル教会など、多く残されている。

17世紀、ジュラジ・ブランコヴィチの統治下で建設されたヨシャニツァ修道院は、この地域で最も優れた中世の建築物とされている。チュプリヤの郊外には1375年から1377年にかけて造られたラヴァニツァ修道院と被昇天教会(皇太子ラザル・フレベリャノヴィチの寄進による)がある。ラザルがコソボの戦いで没した後、彼の聖遺物は1690年までそこにあり、その後三世紀にわたるセルビア人の移動と共に各地を回り、現在は再びこの修道院に収められている。