ボビー・コールドウェル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ボビー・コールドウェル
Bobby Caldwell
2009年1月30日}
基本情報
出生 1951年8月15日(62歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク
ジャンル ブルー・アイド・ソウル
職業 シンガーソングライター
担当楽器 ギターキーボード
活動期間 1978年 - 現在
公式サイト BOBBYCALDWELL.COM

ボビー・コールドウェルBobby Caldwell1951年8月15日 - )は、アメリカミュージシャン1970年代から1980年代にかけて流行したAORサウンドを代表するシンガーの一人。

ニューヨークマンハッタン生まれ。1978年のデビュー曲「風のシルエット(What You Won't Do for Love)」がヒットし、当時流行していたAORの新星として脚光を浴びる。洗練された音の世界を持ちつつも、多くの初期AORシンガーのようにボーカルスタイルはR&B色が濃く、ブルー・アイド・ソウルの歌手として分類されることもある。また作曲家としてボズ・スキャッグスに「ハート・オブ・マイン(Heart of Mine)」、ピーター・セテラに「ネクスト・タイム(Next Time I Fall)」、「ステイ・ウィズ・ミー(STAY WITH ME - 邦題:ステイ・ウィズ・ミー song for KA・GU・YA・姫)」(映画『竹取物語』主題歌)などのヒット曲を提供(いずれも後にセルフカバー)している。

1980年に彼が所属していたTK Recordsが倒産し、本国ではプロモーション活動がままならなかった影響か、1980年代以降はアメリカでは振るわずも、日本では非常に人気が高く、AOR界ではクリストファー・クロスやボズ・スキャッグスと並び立つ存在。1990年代にオンエアされたニューヨークの夜景をバックに「Stay with Me」「Heart of Mine」「Come to Me」が流れるパーラメント(たばこ)のCMは、彼のイメージを象徴する一作でもある。

ディスコグラフィ[編集]

  • What You Won't Do for Love (1978)
  • Cat in the Hat (1980)
  • Carry On (1982)
  • August Moon (1984)
  • Heart of Mine (1988)
  • Stuck on You (1991) 国内盤ではSolid Ground
  • Where is Love (1993)
  • Soul Survivor (1995)
  • Blue Condition (1996)
  • Timeline: The Anthology (1998)
  • Come Rain or Come Shine (1999)
  • Time and Again: The Anthology Part 2 (2001)
  • Perfect Island Nights (2005)
  • Live at the Blue Note Tokyo(2007)
  • The Consummate Caldwell(2010)
  • House of Cards(2012)

関連項目[編集]

コールドウェルのバックミュージシャンとして活躍したサックスプレイヤー。

外部リンク[編集]