ホワイト・ビーチ地区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯26度18分05秒 東経127度54分45秒 / 北緯26.301456度 東経127.912488度 / 26.301456; 127.912488 ホワイト・ビーチ地区とは、沖縄県うるま市沖縄本島)に所在する在日アメリカ海軍の港湾施設である。

施設の概要[編集]

ホワイト・ビーチ地区は、勝連半島の先端部にある。白砂が美しい海岸に2つの堤が突き出ており、その先端にそれぞれ桟橋が設けられている。それぞれは、アメリカ海軍桟橋とアメリカ陸軍桟橋と呼ばれており、アメリカ軍向けの補給物資の揚陸全般(危険物は天願桟橋から揚陸)、アメリカ海軍艦船への補給、寄港する第7艦隊艦船や原子力潜水艦国連軍加盟諸国艦船などの受け入れを行っている。有事の際は、空母強襲揚陸艦へのアメリカ海兵隊員の搭乗にも使用される。

なお、隣接地に海上自衛隊沖縄基地隊があり、事実上一体化している。

在日米軍にとっての重要性[編集]

近年、米軍進駐後に強制接収された県内の土地が地権者に返還されつつあるが、上述のように原潜が入港可能な港という軍事戦略上の性質から、ホワイト・ビーチ地区は、米軍が決して返還できない最重要拠点だとされる[1]。なお、アフガニスタン・イラク戦争へ派遣される軍艦は、基本的にアメリカ本国から一度ホワイト・ビーチに寄航し、隊員の健康管理やエネルギー補給などを行う[1]

地権者と地域経済にとっての重要性[編集]

地区の地権者たちにとっても、土地の賃貸料(軍用地料)が国からの土地接収に対する「補償」という形で支給され、重要な収入源となっている。この軍用地料が地域経済に与える影響は大きく、仮に土地が完全返還されたとすれば、地区に深刻な経済的ダメージを与えると我部政明は見ている[2]。また、支給開始以来、その支給額が年々安定的に上昇していることもあいまって、むしろ地権者から「返還反対運動」が起こされているという[2]。更に、米軍が決して手放さないということを「軍用地料の支給が半永久的に保証されている」ことと捉え、この軍用地料を「利息」と見立てた不動産投資物件として売買される事態が起きている[2]

概要[編集]

  • 所在地:沖縄県うるま市平敷屋、饒辺
  • 面積:1,568,000m²
  • 管理:アメリカ海軍・陸軍
  • 基地従業員 : 100人
  • 用途:港湾用地
  • 位置情報:北緯26度18分01秒東経127度54分44秒

ホワイト・ビーチ地区が占める土地のうち、およそ6/7は私有地である。このため、年間9億円を超える賃借料が地主に支払われている。賃借料は1坪当たり2,250円くらいになる。

注釈[編集]

  1. ^ a b 思いやり予算、そろそろやめませんか”. ビデオニュース・ドットコム・出演田岡俊次 (2008年5月3日). 2010年3月4日閲覧。
  2. ^ a b c 2009年2月25日(水)放送、基地の土地が売買される~沖縄で何が~”. NHKクローズアップ現代 (2009年2月25日). 2010年3月4日閲覧。

関連項目[編集]