ホワイトハウス報道官

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホワイトハウス報道官
US-WhiteHouse-Logo.svg
ホワイトハウス紋章
初代 ジョージ・エイカーソン
設置日 1929年
大統領権限
継承順位
なし
(閣僚ではないため)
公式サイト www.whitehouse.gov

ホワイトハウス報道官(ほわいとはうすほうどうかん、White House Press Secretary)は、政府の主要なスポークスマンとしての任を担う、ホワイトハウスの高官である。現在は、ジョシュ・アーネストが務める。

ホワイトハウスのウエストウイングを統括する大統領首席補佐官の下には、上位ランクから

  • 大統領補佐官(国家安全保障問題担当大統領補佐官など) Assistant to the President
  • 大統領補佐官代理(大統領副補佐官とも) Deputy Assistant to the President
  • 大統領特別補佐官 Special Assistant to the President

が配置されているが、ホワイトハウス報道官は、いずれかを兼務している。

職務[編集]

政府内や世界中で起こる出来事に関する情報の収集、及びメディア向け情報のタイムリーかつ正確な方法による取得が職務の中心である。情報は、大統領の予定の概要、大統領が面会したり呼び出したり対話を持った人物、その日のニュースに関する政府の公式見解などを含む。

伝統的に、情報公開や記者会見(通常テレビで放送される)、「press gaggles」(通常書き取りは可能だがビデオ録画が許されない、略式の状況説明)の際に記者団の質問に答える。

ホワイトハウス報道官には、しばしば報道関係者が任命されている[1]

歴代報道官[編集]

在任期間 報道官 大統領
1929年-1930年 ジョージ・エイカーソン ハーバート・フーヴァー
1930年-1933年 テッド・ジョスリン
1933年-1945年 スティーヴン・アーリー フランクリン・ルーズベルト
1945年 レナード・ラインシュ
1945年 ジョナサン・ダニエルズ
ハリー・トルーマン
1945年-1950年 チャーリー・ロス
1950年 スティーヴン・アーリー
1950年-1952年 ジョーゼフ・ショート
1952年-1953年 ロジャー・タビー
1953年-1961年 ジェームズ・ハガティ ドワイト・アイゼンハワー
1961年-1964年 ピエール・サリンジャー ジョン・ケネディ
リンドン・ジョンソン
1964年-1965年 ジョージ・リーディ
1965年-1966年 ビル・モイヤーズ
1966年-1969年 ジョージ・クリスチャン
1969年-1974年 ロナルド・ジーグラー リチャード・ニクソン
1974年 ジェラルド・ターホースト ジェラルド・フォード
1974年-1977年 ロン・ネッセン
1977年-1981年 ジョディ・パウエル ジミー・カーター
1981年-1989年 ジェイムズ・ブレイディ 1 ロナルド・レーガン
1981年-1987年 ラリー・スピークス 2
1987年-1989年 マーリン・フィッツウォーター 2
1989年-1993年 マーリン・フィッツウォーター ジョージ・H・W・ブッシュ
1993年-1994年 ディー・ディー・マイヤーズ 3 ビル・クリントン
1993年 ジョージ・ステファノプロス 4
1994年-1998年 マイク・マカリー
1998年-2000年 ジョー・ロックハート
2000年-2001年 ジェイク・ジーベルト
2001年-2003年 アリ・フライシャー ジョージ・W・ブッシュ
2003年-2006年 スコット・マクレラン
2006年-2007年 トニー・スノウ
2007年-2009年 デイナ・ペリーノ
2009年-2011年 ロバート・ギブズ バラク・オバマ
2011年-現職 ジェイ・カーニー
1レーガン大統領暗殺未遂事件で負傷し半身不随となった後は、記者会見を行うことはなかった。
2 事実上の報道官(ホワイトハウス報道官代理)。
3ステファノプロスがホワイトハウス広報部長に在任中は、記者会見を行うことはなかった。
4 事実上の報道官(ホワイトハウス広報部長)。

注釈[編集]

  1. ^ 以下の通り。

外部リンク[編集]