ロナルド・ジーグラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ロナルド・ルイス・「ロン」・ジーグラーRonald Louis "Ron" Ziegler , 1939年5月12日 - 2003年2月10日)は、アメリカ合衆国官僚である。

経歴[編集]

リチャード・ニクソン政権下でホワイトハウス報道官(1969年 - 1974年)、および大統領補佐官補佐官(1974年)を務めた。

ケンタッキー州コヴィントン生まれ。報道補佐官としてニクソンが落選した1962年カリフォルニア州知事選挙を管理した。1969年に、最年少の29歳でホワイトハウス報道官に就任した。

ジーグラーはウォーターゲート事件時のニクソン政権の主要なスポークスマンだった。この事件の捜査過程で、「侵入犯は大統領に関係した人物ではないか?」との疑念が記者から投げかけられた。それに対してジーグラーは、侵入犯の行為を「三流の盗み」と毒舌をもって賞するなど、強気の姿勢で勤めた。