スティーヴン・アーリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スティーヴン・タイリー・アーリーStephen Tyree Early, 1889年8月27日 - 1951年8月11日)は、アメリカ合衆国ジャーナリスト官僚である。1933年から1945年までフランクリン・ローズヴェルト大統領の下で、そして1950年ハリー・S・トルーマン大統領の下でホワイトハウス報道官を務めた。

経歴[編集]

ユナイテッド・プレス(UP:現UPI)のリポーターとして1912年民主党全国大会を報道した際、アーリーはフランクリン・ローズヴェルトと出会った。1913年から1917年まで、アーリーは海軍省担当AP特派員であった。その間、ローズヴェルトやルイス・ハウとの面識を深めた。

第一次世界大戦中に歩兵連隊と『星条旗』紙に務めた後、米国に帰国したアーリーは、1920年の副大統領選挙のための先遣要員となるようローズヴェルトから依頼された。選挙後アーリーはAPに戻り、1927年にパラマウント・ニュースのワシントン代表となった。

ホワイトハウス報道官(ローズヴェルト政権)[編集]

フランクリン・ローズヴェルトは1932年の大統領当選後、ホワイトハウス職員の1人として勤務し、報道機関との関係を担当するよう彼に依頼した。彼はローズヴェルト政権期を通じて同職にあり続け、1945年6月1日に政府を去った。

民間、[編集]

1945年、彼はプルマン社の副社長に就任した。

のち官界に戻り、1949年4月から1950年6月まで、国防副長官国防長官を歴任した。

ホワイトハウス報道官(トルーマン政権)[編集]

1950年12月、チャールズ・G・ロスの急死に伴い、短期間ながらトルーマン大統領の報道官を務めた[1]

死去[編集]

アーリーは、1951年に死去した。

註及び参考文献[編集]

  • Linda Lotridge Levin, The Making of FDR: The Story of Stephen Early, America's First Modern Press Secretary (2007)
  • Graham J. White, FDR and the Press (1979)

外部リンク[編集]

公職
先代:
セオドア・G・ジョスリン
ホワイトハウス報道官
1933年-1945年
次代:
J・レナード・ラインシュ
先代:
チャールズ・G・ロス
ホワイトハウス報道官
1950年
次代:
ジョーゼフ・ショート
先代:
なし
アメリカ合衆国国防副長官
1949年-1950年
次代:
ロバート・A・ラヴェット