ホセ・ルイス・ブエノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホセ・ルイス・ブエノ
基本情報
階級 スーパーフライ級
国籍 メキシコの旗 メキシコ
誕生日 1969年12月8日(45歳)
出身地 メキシコの旗 メキシコ
メヒコ州ネツァワルコヨトル
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 41
勝ち 30
KO勝ち 21
敗け 9
引き分け 2
テンプレートを表示

ホセ・ルイス・ブエノJose Luis Bueno、男性、1969年12月8日 - )は、メキシコプロボクサーネツァワルコヨトル出身。身長164cm。元WBC世界スーパーフライ級王者。東京帝拳プロモーションマネージメント契約選手でもあった。

来歴[編集]

1987年6月6日、プロデビュー(2回TKO負け)。

1991年9月28日、WBCアメリカ大陸スーパーフライ級王座を獲得。その後、2度の防衛に成功(1992年5月22日の2度目の防衛戦では初代WBO世界フライ級王者で第58代WBA世界フライ級王者のエルビス・アルバレスコロンビア)に12回判定勝ち)。

1992年8月22日、3度目の防衛戦で同国人のホセフィノ・スアレスに12回判定負けを喫し、王座陥落。

1993年11月13日、28戦目で世界初挑戦。敵地でWBC世界スーパーフライ級王者文成吉韓国)に挑み、12回判定勝ち。王座獲得に成功した。

1994年5月4日、初防衛戦。横浜川島郭志と対戦し、12回判定負け。わずか半年で世界王座から陥落。

1995年1月18日、雪辱・王座返り咲きを懸け川島と再戦するも、12回判定負けで雪辱ならず。

1996年3月30日、1階級上のバンタム級で世界挑戦。WBC世界バンタム級王者ウェイン・マッカラー北アイルランド)に挑むも、12回判定負けで2階級制覇ならず。

1996年8月10日、2階級制覇再挑戦。敵地でシリモンコン・シンワンチャータイ)とWBC世界バンタム級暫定王座決定戦を争うが、5回TKO負けでまたしても2階級制覇ならず。

1998年5月16日、さらに1階級上のスーパーバンタム級で世界挑戦。同国人のWBC世界スーパーバンタム級王者エリック・モラレスに挑むが、2回KO負けでまたしても2階級制覇ならず。この試合を最後に引退した。

獲得タイトル[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
文成吉
第12代WBC世界スーパーフライ級王者

1993年11月13日 - 1994年5月4日

次王者
川島郭志