ホスホエノールピルビン酸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ホスホエノールピルビン酸
Phosphoenolpyruvic acid.svg
IUPAC名 2-ホスホノキシ-2-プロペノン酸
分子式 C3H5O6P
分子量 168.042
CAS登録番号 [138-08-9]
SMILES C=C(C(=O)O)OP(=O)(O)O

ホスホエノールピルビン酸(ホスホエノールピルビンさん、phosphoenolpyruvic acid, PEP)は、生化学的に重要な有機化合物の一つである。-62KJ/molと生体中で最もエネルギーの高いリン酸結合を持ち、解糖系糖新生の経路にも登場する。また植物では、様々な芳香族化合物の生合成や炭素固定にも関わっている。

解糖系[編集]

PEPは、2-ホスホグリセリン酸にエノラーゼが作用することにより生成する。ピルビン酸キナーゼによるPEPからピルビン酸への代謝では、基質レベルのリン酸化により1モルのATPを生成する。ATPは細胞中での主要なエネルギー通貨となる。ホスホエノールピルビン酸からピルビン酸に変化する反応は不可逆反応である。このため、ピルビン酸から解糖系の逆反応で直接糖新生を行うことはできない[1]

2-ホスホグリセリン酸 \overrightarrow\longleftarrow ホスホエノールピルビン酸 → ピルビン酸

糖新生[編集]

PEPは、オキサロ酢酸脱炭酸によって生じ、1分子のGTP加水分解する。この反応はホスホエノールピルビン酸カルボキシキナーゼによって触媒され、糖新生の律速段階となる[2]

GTP + オキサロ酢酸 → GDP + ホスホエノールピルビン酸 + CO2

植物[編集]

植物中では、PEPはシキミ酸経路コリスミ酸を作る原料となる[3]。コリスミ酸は、フェニルアラニントリプトファンチロシンなどの芳香族アミノ酸やその他の芳香族化合物を合成する材料となる。

さらに、C4型光合成植物では、PEPは炭素固定の際の重要な基質である。この反応はホスホエノールピルビン酸カルボキシラーゼによって触媒される。

ホスホエノールピルビン酸 + CO2 → オキサロ酢酸

出典[編集]

  1. ^ http://www.sc.fukuoka-u.ac.jp/~bc1/Biochem/glyclysis.htm
  2. ^ InterPro: IPR008209 Phosphoenolpyruvate carboxykinase, GTP-utilising”. 2007年8月17日閲覧。
  3. ^ BioCarta - Charting Pathways of Life”. 2007年8月17日閲覧。