基質レベルのリン酸化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

基質レベルのリン酸化(きしつレベルのリンさんか、substrate-level phosphorylation)とは高エネルギー化合物から、ADPリン酸基を転移させてATPをつくることである。この反応は細胞内では平衡に近く、調整を受けることはない。

関連項目[編集]