フルクトース-1,6-ビスリン酸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フルクトース-1,6-ビスリン酸
識別情報
CAS登録番号 488-69-7 チェック
PubChem 445557
ChemSpider 393165 チェック
MeSH fructose-1,6-diphosphate
ChEBI CHEBI:40595 チェック
ChEMBL CHEMBL1089962 チェック
ATC分類 C01EB07
特性
化学式 C6H14O12P2
モル質量 340.116
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

フルクトース-1,6-ビスリン酸(フルクトース-1,6-ビスリンさん、Fructose 1,6-bisphosphate)とは、1位と6位の炭素リン酸化したフルクトース分子のことである。β-D型を持つ分子は細胞中に多量に存在する。細胞に取り込まれたグルコースとフルクトースの大部分はこの形に変換される。

解糖系[編集]

フルクトース-1,6-ビスリン酸は解糖系の中に登場し、フルクトース-6-リン酸リン酸化により生成する。続いてこの分子は、グリセルアルデヒド-3-リン酸ジヒドロキシアセトンリン酸に分解される。またこの分子はピルビン酸キナーゼアロステリック活性化因子である。

同位体[編集]

フルクトース-1,6-ビスリン酸はフルクトースの異性体に準じて、いくつかの異性体を持つが、生理的に活性型なのはβ-D型のみである。