ドナン効果

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ドナン効果(ドナンこうか、Donnan effect)とは不透過性のイオンの片側に存在する場合に透過性のイオンも不透過性のイオンの影響を受けて膜の両側に不均衡に分布される現象。この現象により膜の両側に電位差が生じる。細胞内液細胞外液では透過性イオンと不透過性イオンの両者が存在するため、細胞膜を隔ててドナン効果が成立する。また血漿における膠質浸透圧の発生にもドナン効果が寄与している。

フレデリック・ドナンウィラード・ギブズの名前から、ギブズ-ドナン(Gibbs-Donnan)効果とも言う。

関連項目[編集]

 静止膜電位とは、興奮状態ではない時の細胞内と細胞外の電位差のことである。