ヘームゼン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
紋章 地図
(郡の位置)
Wappen Heemsen.png Locator map NI in Germany.svg
基本情報
連邦州: ニーダーザクセン州
郡: ニーンブルク/ヴェーザー郡
緯度経度: 北緯52度43分
東経09度16分
標高: 海抜 23 m
面積: 39.37 km²
人口:

1,716人(2012年12月31日現在) [1]

人口密度: 44 人/km²
郵便番号: 31622
市外局番: 05024
ナンバープレート: NI
自治体コード: 03 2 56 012
首長: ヘンリー・コッホ (Henry Koch)
郡内の位置
Heemsen in NI.svg

ヘームゼン (Heemsen) は、ドイツ連邦共和国ニーダーザクセン州ニーンブルク/ヴェーザー郡に属す町村(以下、本項では便宜上「町」と記述する)である。

地理[編集]

位置[編集]

ヘームゼンはヴェーザー川ブレーメンハノーファーのほぼ中間に当たり、ヴィルデスハウザー・ゲースト自然公園とシュタインフーダー・メーア自然公園の間に位置している。町域内をヴェルペ川が流れている。東部にはリヒテンモーアが位置する。この町はロールゼンに本部を置くザムトゲマインデ・ヘームゼンに属す。

自治体の構成[編集]

この町は、以下の4つの地区からなる。

  • アンデルテン
  • ガーデスビュンデン
  • ヘームゼン
  • リヒテンモーア

歴史[編集]

ヘームゼンは1096年に初めて文献に記録されている。町域内には2つの防塁砦跡が遺されている。アンデルテンの集落近くにはアンデルテンブルクがあり、ミッテルヴェーザー地方をファリングボステル方面へ通っていた街道を管理していた。ヘームゼンの集落から約1km南東の、シュタインプケへの街道沿いの湿地にブルンスブルク跡がある。その防塁の一部は現在も遺されている。1907年の主城区画の発掘により、その成立が9世紀に遡ることが判明した。

町村合併[編集]

アンデルテンとガーデスビュンデンは1974年の町村再編までは独立した町村であった。

行政[編集]

議会[編集]

ヘームゼンの町議会は11議席からなる。

文化と見所[編集]

建造物[編集]

  • 聖ミヒャエリス教会 — 特徴的な塔と屋根の上の小塔のコンビネーションを有する教会。
  • ブルンスブルク — 中世初期の防塁砦。良く保存された遺構を持つ。

経済と社会資本[編集]

交通[編集]

この町はロールゼンからヴァルスローデに至る連邦道B209号線に面している。

人物[編集]

ゆかりの人物[編集]

引用[編集]

外部リンク[編集]