ヴィーツェン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
紋章 地図
(郡の位置)
Wappen-wietzen.png Locator map NI in Germany.svg
基本情報
連邦州: ニーダーザクセン州
郡: ニーンブルク/ヴェーザー郡
緯度経度: 北緯52度43分
東経09度04分
標高: 海抜 45 m
面積: 40.41 km²
人口:

2,175人(2013年12月31日現在) [1]

人口密度: 54 人/km²
郵便番号: 31613
市外局番: 05022
ナンバープレート: NI
自治体コード: 03 2 56 036
行政庁舎の住所: Rathausstraße 14
31607 Marklohe
ウェブサイト: www.marklohe.de
首長: ハンス=ユルゲン・バイン (Hans-Jürgen Bein)
郡内の位置
Wietzen in NI.svg

ヴィーツェン (Wietzen) は、ドイツ連邦共和国ニーダーザクセン州ニーンブルク/ヴェーザー郡に属す町村(以下、本項では便宜上「町」と記述する)である。

地理[編集]

位置[編集]

ヴィーツェンはヴェーザー川の湿地と砂地の土地に位置している。この町は、ザムトゲマインデ・マルクローエに属している。郡庁所在地のニーンブルク/ヴェーザーとは約13kmの距離にある。

町村合併[編集]

ニーダーザクセン州の地域・行政改革の時代、1970年4月1日にヴィーツェンはザムトゲマインデ・マルクローエの一員となった。1973年8月20日にそれまで独立した自治体であったホルテが合併した。

歴史[編集]

11世紀末に、現在のヴィーツェンの町域内にシュトゥンペンフーゼン城が建設された。当時の城は現存しない。城山は完全に切り崩された[2]。現存する聖ガンゴルフ教会もほぼ同じ時期の建築である[3]

行政[編集]

議会[編集]

ヴィーツェンの町議会は12議席からなり、これに町長が兼任で加わる。

首長[編集]

2011年からハンス=ユルゲン・バイン (CDU) が名誉職の町長を務めている。

文化と見所[編集]

博物館[編集]

  • ヴィーツェン郷土室。家具職人、画家、車大工、鍛冶屋の仕事場が再現されている。パン焼き窯もある。

経済と社会資本[編集]

交通[編集]

この町はブレーメンからハノーファーに通じる連邦道B6号線に面している。また、ニーンブルク/ヴェーザーからズーリンゲンに至るB214号線がすぐ近くを走っている。

最寄りの駅は、ニーンブルク/ヴェーザーにある幹線鉄道ブレーメン - ハノーファー線の駅である。

ヴィーツェンは、1997年に廃止された鉄道ニーンブルク - ズーリンゲン線沿いの町でもある。この路線の旅客営業は1969年9月27日に、貨物営業は1992年に停止された。ヴィーツェン駅は取り壊され、線路も既に撤去されている(2008年3月)。

経済[編集]

この町最大の雇用主は、ホルテ地区にあるヴィーゼンホーフの鶏肉加工下請け工場である。この他に流通業、建設業、小売業の業者がある。ニーンブルク貯蓄銀行とグラーフシャフト・ホーヤ国民銀行の支店もある。また農業も、関連の農機具や農産物販売を含めて、この町の重要な産業である。

引用[編集]