フーズム (ニーダーザクセン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
紋章 地図
(郡の位置)
Wappen Husum (bei Nienburg).png Locator map NI in Germany.svg
基本情報
連邦州: ニーダーザクセン州
郡: ニーンブルク/ヴェーザー郡
緯度経度: 北緯52度34分
東経09度15分
標高: 海抜 44 m
面積: 39.84 km²
人口:

2,311人(2013年12月31日現在) [1]

人口密度: 58 人/km²
郵便番号: 31632
市外局番: 05027
ナンバープレート: NI
自治体コード: 03 2 56 016
行政庁舎の住所: Hinter den Höfen 13
31628 Landesbergen
首長: フリードリヒ・フィッシャー (Friedrich Fischer)
郡内の位置
Husum in NI.svg

フーズム (Husum) は、ドイツ連邦共和国ニーダーザクセン州ニーンブルク/ヴェーザー郡に属す町村(以下、本項では便宜上「町」と記述する)で、ザムトゲマインデ・ミッテルヴェーザーを構成する町村の一つである。

地理[編集]

フーズムは、ニーンブルク/ヴェーザーとシュタットハーゲンとのほぼ中間にあたるシュタインフーダー・メーア自然公園に位置する。

自治体の構成[編集]

この町は以下の4つの地区からなる。

  • フーズム
  • ボルゼーレ
  • グロース・ファルリンゲン
  • シェッシングハウゼン

歴史[編集]

フーズムの最初の文献記録は1250年のものである。1774年の火災で、1250年建立の教会を含め村の大部分が焼失した。

1974年の地域再編の際、ボルゼーレ、グロース・ファルリンゲン、シェッシングハウゼンの集落と合併して新たな自治体フーズムが形成され、ザムトゲマインデ・ランデスベルゲンの一員となった。このザムトゲマインデは2011年にザムトゲマインデ・ミッテルヴェーザーに再編された。

行政[編集]

議会[編集]

フーズムの町議会は13議席からなる。

首長[編集]

名誉職の町長には2001年9月9日にフリードリヒ・フィッシャーが選出された。

紋章[編集]

基部は金と赤に左右に塗り分けられた砦。その上の主部は左右二分割。向かって左は赤地に銀の鐘楼を持つ銀の教会、右は金地に黒い犂。

文化と見所[編集]

1200年頃に建造された教会は1774年の火災で焼失し、現存していない。聖ヤコービ教会は、1776年から1778年に現在の形で新たに建設された。

経済と社会資本[編集]

交通[編集]

この町は、ニーンブルク/ヴェーザーからハノーファーに至る連邦道B6号線の南に位置している。

引用[編集]

外部リンク[編集]