ヘッド (ギター)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
一般的なエレクトリックギターのヘッド

ヘッドギターや類似の弦楽器の一部。主な機能は弦の端を保持することである。

スロテッドヘッド[編集]

ヘッドに細長い穴が2つあり、それを貫通した6本のスロテッドにそれぞれ弦を巻きつける。クラシックギターはほとんどこのタイプだが、フォークギターにもこのタイプを採用した機種もある。

ソリッドヘッド[編集]

穴はなく、弦はブリッジからナットを経て、通常はヘッド上のストリングポスト(糸巻き支柱)に巻きつけられる。フォークギターやエレクトリックギターエレクトリックベースウクレレバンジョー一五一会などに採用されている。

構造[編集]

エレクトリックベースのヘッド

ストリングポストに歯車で連結したペグは弦の張力を調整し、調律するために使われる。 伝統的なレイアウトは上下に3基ずつのペグを配した「3+3」と、一列に配した「6インワン」であるが、その他の配置もあり、特にエレクトリックベースや6弦以外のギターに多い。例外としてアーニーボール/ミュージックマンのギターは4+2、ベースは3+1である。ペグが不必要(不必要であるか、ボディ上などに別の調律機構を持つ場合)ならばスタインバーガーチャップマン・スティックのようにヘッドその物が完全に無くなる。

ストレート・ヘッドとアングルド・ヘッド。βはフィンガーボード面とヘッド面との角度

ヘッドはネックとは別に削り出され、いくつかの接合方法(たとえばスカーフ・ジョイント)を使って接着される。 ヘッド構造には弦がナットを通過した後にどのように扱われるかで2種類のメジャーなトレンドがある。それぞれに長所、短所があり、議論の余地があり主観に左右される。

どちらのタイプの職人も、音の良さ、サスティーンの長さ、音程の持続を長所として挙げる。両タイプの脆弱な構造も欠点として挙げられる。

  • ワンピースネックは衝撃により折れやすい。
  • 接着ネックは経年により折れるようになる。

主機能とは別に、ヘッドは修飾的役割も持っている。ほぼすべてのメーカーはここにロゴを記している。ペグを持たないギター(たとえばフロイドローズ・スピードローダー)では、純粋に装飾目的でヘッドが付いている。

特徴的ヘッドの輪郭[編集]

アイバニーズ・ARTCOREシリーズ
アイバニーズ・JEM 555 BK

メジャーなギターメーカーはギターやギターシリーズの見分けがつくよう、特徴的ヘッド形状を用意している。ギター産業にはギターのボディデザインをコピーしてもよいという不文律があるが、メジャーメーカーはヘッドデザインはコピーしない。以下の節にあるように、一見コピーのように見えても寸法や要素の比率等からはっきりとした違いが見られ、ヘッドを見ればほぼブランドを言い当てることが出来る。

フェンダータイプの6インワン[編集]

伝統的 3+3[編集]

6インワン ポインティド・ヘッド[編集]