ギブソン・ファイヤーバード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ギブソン・ファイヤーバード
Gibson Firebird
Firebirdv2008.jpg
メーカー/ブランド ギブソン
製造時期 1963年-
構造
ボディタイプ ソリッド
スケール長 628mm
フレット 22
ネックジョイント スルーネック(リバースタイプ)、セットネック(ノンリバースタイプ)
材質
ボディ マホガニー
ネック マホガニー
フィンガーボード ローズウッド
ナット 牛骨
ハードウェア
ペグ ミニ・グローバー(リバースタイプ)、6連クルーソン(ノンリバースタイプ)
電気系統
ピックアップ ミニ・ハムバッカー、P-90
コントロール 2ボリューム、2トーン、3WAYトグルピックアップセレクタースイッチまたはスライド式ピックアップセレクタースイッチ
テンプレート | カテゴリ

ギブソン・ファイヤーバード (Gibson Firebird) は、1963年に発表されたギブソン社のエレクトリックギターエレクトリックベース版モデルとしてはサンダーバードがある。カーデザイナーであるレイ・ディートリッヒがデザインを担当した。

歴史[編集]

発売当初の仕様はリバース・ボディ(正面から見て右側のボディが左側のボディよりも上に突き出ている)にスルーネック、ミニ・ハムバッカー・ピックアップ搭載であった。[1]

1965年に大幅なモデルチェンジが行われ、リバース・ボディからノン・リバース・ボディ(リバース・ボディを左右反転させたような形状)に全面的に切り替えられた。ネックの接合方法もスルーネックからセットネックに変更されたほか、ピックガードが大型化されて、各モデル共通のボディ(リバースモデルでは、ピックアップのレイアウトによってボディ加工を変えている)となった。

1969年に製造中止。しかしその後、何度か再製造され、現在でもギブソンおよびエピフォンが販売している。

特徴[編集]

  • リバースモデルは、ギブソン社としては初のスルーネックを採用したソリッドボディエレキギターで、ボディはセンターピースが一段厚くなっている独特の造形となっている。ネックはマホガニーとウォルナットの9ピース構造になっている。
  • トレモロユニット使用時のチューニングの狂いを極力減らすため、同社の他モデルよりヘッド角度が浅く、フェンダー社製のギターのヘッドに見られるような、「ストレート・プル・デザイン」を採用している。
  • リバースモデルの多くには、ピックアップには前後共にミニ・ハムバッカーを搭載、これは他のギブソン製に多く用いられるハムバッカーよりもシャープな音質を持っている。
  • ノンリバースモデルの多くには、ギブソン社の代表的なピックアップP-90が採用され、高音域が特徴的なリバースモデルの音とは異なり、低音も効いた太い音が特徴となっている。
  • ピックアップが2つ以上装備されたモデルでは、コントロールはレスポールなどと同じ2ボリューム、2トーン、ピックアップセレクタースイッチとなっている。

主な使用者[編集]

出典[編集]

  1. ^ http://www.gibson.com/jp-jp/divisions/gibson%20custom/designer%20_%20sg/1964%20firebird%20iii/

関連項目[編集]

外部リンク[編集]