プラナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
プラナー

プラナーPlanar )はパウル・ルドルフ1897年に発明したカール・ツァイス写真レンズで、ツァイス・アナスチグマートとしてはシリーズIAであった。ちなみにツァイス・アナスチグマートのシリーズIBがウナー、シリーズIIBがテッサー、それ以外がプロターとなっている。

前後対称構造[注釈 1]ダブルガウスで、大口径化が容易である。レンズコーティング技術が実用的でなかった第二次世界大戦前は内面反射による低コントラストを嫌われあまり普及しなかったが、Tコーティング、T*コーティングが実用化され一眼レフカメラ全盛となるとツァイスの看板レンズに踊り出た。主に標準レンズに採用され、一部大口径望遠レンズがある。像が平坦である[注釈 2]ことから平坦を意味するプラーン(独:Plan )を名称の由来とする。

Sプラナー(S-Planar )は特殊用途(独:Sonder )であることを示し、その多くはいわゆるマクロレンズであり、後に一般向け製品はマクロプラナー(Makro-Planar )に名称変更された。Sプラナーには半導体露光装置用や引き伸ばしレンズ、マイクロフィルム用レンズなども存在した。

製品一覧[編集]

プラナー50mmF2

コンタレックス(Contarex )用[編集]

コンタレックス参照。

コンタックス(Contax )用[編集]

コンタックス#レンジファインダーのコンタックス参照。

コンタックスRTS(CONTAX RTS )用[編集]

コンタックス#コンタックス・ヤシカマウントカメラ参照。

コンタックスN(CONTAX N )用[編集]

コンタックス#コンタックスNマウントカメラ参照。

コンタックス645(CONTAX 645 )用[編集]

コンタックス#コンタックス645参照。

コンタックスG(CONTAX G )用[編集]

コンタックスG参照。

グラフレックスXL用[編集]

  • プラナー80mmF2.8
  • プラナー100mmF2.8

ハッセルブラッドVシリーズ用[編集]

純正扱いのレンズに関してはハッセルブラッドのカメラ製品一覧参照。

  • マクロプラナー120mmF4 - ドイツ製。ZVマウント。4群6枚。最短撮影距離0.8m。アタッチメントφ67mmねじ込み。1000本限定。

ライカマウント[編集]

ライカマウントレンズの一覧#カール・ツァイス参照。

M42マウント[編集]

M42マウントレンズの一覧#カール・ツァイス参照。

ニコンFマウント[編集]

ZFマウントはAi-S相当。

  • プラナー50mmF1.4(2006年発売) - コシナ製。ZFマウント。6群7枚。最短撮影距離0.45m。アタッチメントφ58mmねじ込み。
  • マクロプラナー50mmF2(2007年発売) - コシナ製。ZFマウント。最短撮影距離0.24m。アタッチメントφ67mmねじ込み。
  • プラナー85mmF1.4(2006年発売) - コシナ製。ZFマウント。5群6枚。最短撮影距離1m。アタッチメントφ72mmねじ込み。
  • マクロプラナー100mmF2(2007年発売) - コシナ製。ZFマウント。8群9枚。最短撮影距離0.44m。アタッチメントφ67mmねじ込み。

ZF2マウントはAi-P相当。

  • プラナー50mmF1.4 - コシナ製。ZF2マウント。6群7枚。最短撮影距離0.45m。アタッチメントφ58mmねじ込み。
  • マクロプラナー50mmF2 - コシナ製。ZF2マウント。最短撮影距離0.24m。アタッチメントφ67mmねじ込み。
  • プラナー85mmF1.4 - コシナ製。ZF2マウント。5群6枚。最短撮影距離1m。アタッチメントφ72mmねじ込み。
  • マクロプラナー100mmF2 - コシナ製。ZF2マウント。8群9枚。最短撮影距離0.44m。アタッチメントφ67mmねじ込み。

ペンタックスKマウント[編集]

  • プラナー50mmF1.4 - コシナ製。ZKマウント。6群7枚。最短撮影距離0.45m。アタッチメントφ58mmねじ込み。
  • マクロプラナー50mmF2(2007年発売) - コシナ製。ZKマウント。最短撮影距離0.24m。アタッチメントφ67mmねじ込み。
  • プラナー85mmF1.4(2007年発売) - コシナ製。ZKマウント。5群6枚。最短撮影距離1m。アタッチメントφ72mmねじ込み。
  • マクロプラナー100mmF2 - コシナ製。ZKマウント。8群9枚。最短撮影距離0.44m。アタッチメントφ67mmねじ込み。

キヤノンEFマウント[編集]

  • プラナー50mmF1.4(2008年発売) - コシナ製。ZEマウント。6群7枚。最短撮影距離0.45m。アタッチメントφ58mmねじ込み。
  • マクロプラナー50mmF2 - コシナ製。ZEマウント。最短撮影距離0.24m。アタッチメントφ67mmねじ込み。
  • プラナー85mmF1.4(2008年発売) - コシナ製。ZEマウント。5群6枚。最短撮影距離1m。アタッチメントφ72mmねじ込み。
  • マクロプラナー100mmF2 - コシナ製。ZEマウント。8群9枚。最短撮影距離0.44m。アタッチメントφ67mmねじ込み。

ローライフレックス6×6cm判二眼レフ用[編集]

テッサー75mmF3.5に続いてローライフレックス2.8Cから2.8Fまで搭載され、ローライフレックスの人気を決定付けた。 ローライ#ローライフレックス6×6シリーズ参照。

ローライフレックス6000シリーズ用[編集]

ローライ#ローライフレックス6000シリーズ参照。

ローライフレックスSL66シリーズ用[編集]

ローライ#ローライフレックスSL66シリーズ参照。

ローライフレックスSL35/SL2000シリーズ用[編集]

ローライ#ローライフレックスSL35/SL2000シリーズ参照。

ソニーαマウント[編集]

コニカミノルタから引き継いだαシリーズ用。

  • プラナー85mmF1.4ZA(2006年10月27日発売) - 7群8枚。コニカミノルタが発売していた6群7枚のα85mmF1.4Gリミテッドとは設計が異なる。

大判用[編集]

  • プラナーシリーズIAPlanar Series IA
    • 1番 - 2cmF3.6
    • 2番 - 3.5cmF3.6
    • 6番 - 4cmF3.6
    • 3番 - 5cmF3.6
    • 7番 - 6cmF3.6
    • 4番 - 7.5cmF3.6
    • 8番 - 8.5cmF3.6
    • 5番 - 10cmF3.6
    • 9番 - 11cmF3.6
    • 10番 - 13cmF3.6
    • 11番 - 16cmF3.6
    • 12番 - 20.5cmF4
    • 13番 - 25cmF4
    • 14番 - 30cmF4.5
    • 15番 - 37cmF4.5
    • 16番 - 42.5cmF5
    • 17番 - 47cmF5
    • 18番 - 61cmF6
    • 19番 - 84cmF6
  • プラナー80mmF2.8 - 6×9cm判をカバーする。
  • プラナー100mmF2.8 - 6×9cm判をカバーする。
  • プラナー135mmF3.5 - 5群5枚。イメージサークルφ170mm。アタッチメントφ67mmねじ込み。シャッターはコンパー#1。T*コーティング。

産業用[編集]

Sプラナー120mmおよびマクロプラナー120mm
  • S-プラナー120mmF5.6 - 32.5mmP=0.5mmねじマウント(0番シャッターと同サイズ)。アタッチメント49mmP=0.75mmねじ込み。中判引き伸ばし用、もしくは縮小コピー用レンズ。光学系は各種中判カメラ用の同名レンズと同一であり、それらの量産用に用意されたレンズエレメントを流用して生産されたため、製造番号でそれら中判レンズと区別することは困難である。

製造時期により単層コーティングのもの、マルチコーティングのもの、さらに銘板にT*表示のあるものも存在した。46mmP=1mmねじマウントへ変換する純正アダプターが取り付けられているものもある。前後群のねじ寸法および前後群の間隔が0番シャッターレンズと同一であるため、同規格のシャッターに組み込んで使用されることもある。

  • マクロプラナー120mmF4 - 32.5mmP=0.5mmねじマウント(0番シャッターと同サイズ)。アタッチメント49mmP=0.75mmねじ込み。S-プラナー 120mmF5.6の後継品。このレンズも中判カメラ用の同名レンズと同一の光学系を持つ。前後群を取り外し、0番シャッターに組み込むことも可能。

マクロ写真用[編集]

プラナー5cmF4.5およびロッス・ボシュロムのライセンス生産プラナー20mmF4.5

すべてRMSマウント。イギリスのロッスやアメリカのボシュロムでライセンス生産されたものもある。 ごく少量ながら、19世紀末から第二次大戦中までの長期にわたって生産されたため、時期によって鏡胴の外見が大きく異なる。

  • プラナー2cmF4.5
  • プラナー3.5cmF4.5
  • プラナー5cmF4.5

映画用[編集]

  • プラナー32mmT2.1 - アリフレックスマウント。16mm/S16用。
  • プラナー55mmT1.3 - PLマウント。35mm用。
  • プラナー85mmT2.1 - コンパクトプライム。PLマウント。35mm用。
  • プラナー85mmT2.1 - コンパクトプライムII。PL/E/Fマウント対応。ライカ判フルサイズ対応。
  • プラナー85mmT1.4 - PLマウント。三角絞り。35mm用。
  • プラナー85mmT1.3 - PLマウント。35mm用。
  • プラナー135mmT2.1 - PLマウント。35mm用。

注釈[編集]

  1. ^ パウル・ルドルフ原特許による製品は前後完全対称である。
  2. ^ ここでいう像が平坦だというのは、画面の中心から端までの性能差が小さく、全面に均一な性能を発揮することをいう。通常レンズでは中心の解像能力が最も高く、そこから離れるにつれ数値が低下するが、プラナー・タイプでは画面の境界近くでもそれほど性能が低下しないのが特徴である。

出典[編集]

参考文献[編集]

  • Carl Zeiss Camera Lens Division, The right lens for each situation -- Carl Zeiss camera lens types. Camera Lens News, Nr. 38 (December 2010), p. 11 pdf 2010年12月23日閲覧。
  • 『カメラ年鑑』1986年版日本カメラ社

関連項目[編集]

関わった設計者[編集]