コシナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
株式会社コシナ
COSINA CO.,LTD.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
郵便番号:383-8555
長野県中野市吉田1081
設立 1959年2月2日
業種 精密機器
事業内容 光学硝子、光学精密機器、映像・電子関連機器、特殊レンズの開発・設計・製造・販売
代表者 代表取締役 小林博文
資本金 5,250万円
従業員数 550名
外部リンク http://www.cosina.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社コシナCosina Co., Ltd. )は長野県中野市に本社を持つ民生用光学機器メーカーである。本社所在地は長野県中野市大字吉田1081。

会社名は社長の出身地である中野市大字越(越「コシ」+中野の「ナ」)に由来する[1]

概要[編集]

自社一眼レフカメラの製造では知名度を持たなかったが、他社へのOEM供給などで実績を作った。また28mm~210mm交換ズームレンズなど他社も追随するユニークな製品を作り出している。

1999年にはプルス・フォトおよびリング・フォトからドイツの老舗光学器械メーカーであるフォクトレンダーの商標使用権を獲得し、以後ライカMシリーズとレンズマウントの互換性を有したレンジファインダーカメラフォクトレンダー・ベッサ」シリーズやカール・ツァイスと共同開発したツァイスブランドの「ツァイス・イコン」を発売し、一躍カメラメーカーとしての名を広めた。

沿革[編集]

主な製品[編集]

一般向けに発売されている製品としては

    詳細は「ビオゴン」「ディスタゴン」「プラナー」、「ゾナー」「テッサー」を参照

エプソンR-D1

またローライから発売されているレンジファインダー・カメラローライ35RFや、セイコーエプソンから発売されているレンジファインダー・デジタルカメラ「R-D1」シリーズはベッサRシリーズを原型としている。2003年にはトプコンのライセンスの元で一眼レフ用マニュアルレンズオートトプコール58mmF1.4を復刻している。ロモから発売されている「ロモLC-A」は、コシナ「CX-2」をコピーしたものといわれる。

脚注[編集]

  1. ^ アサヒカメラ1981年8月号p.297。

外部リンク[編集]