ダブルガウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダブルガウス型レンズの初期における発展過程

ダブルガウスDouble Gauss )は写真レンズに多用される構成型の一つである。

最も基本的な構成は対称型で凸凹(絞り)凹凸の4群4枚。もっとも典型的な構成は凸 凸凹(絞り)凹凸 凸の4群6枚。

カール・フリードリヒ・ガウスの考案した原型を元に発達したもので、ガウスはダブルガウス型を発明してはいないが、今日では単にガウス型と言われる場合もダブルガウスを指している場合がほとんどである。

前史[編集]

カール・フリードリヒ・ガウスは当時望遠鏡の対物レンズとして使われていた凸凹の貼り合わせレンズに飽き足らず、バルサムで貼らずに少し間隔を置くとともに凹レンズをメニスカスに置換する構成の望遠鏡対物レンズを1817年に提案した[1]

発明[編集]

ガウスタイプを絞りを挟んで対称型に構成したポートレートレンズをイギリスのクラークが1888年に特許出願、これがダブルガウスの最初とされる[1]

パウル・ルドルフは自ら編み出した設計手法ハイパークロマティッシュによりクラークの設計を発展させ、1896年プラナーF3.6を発明した[1][2]

1920年にはテーラーホブソンのホレース・ウィリアム・リー(Horace William Lee )がオピックOpic )F2を、1933年マックス・ベレークズマールSummar )F2を発明した[1][2]

ゾナー対ズマール、大口径レンズ競争[編集]

第二次世界大戦前の時点では、非対称型大口径レンズの代表的存在はゾナー50mmF2、対称型大口径レンズの代表的存在はズマール50mmF2であった[2]。この2つを比較した場合

  • 対称型であることからズマールの方が歪曲収差が少ない

ことでズマールは有利であったが、

  • 対称型であることからコマ収差が多い
  • 構成群数が多いため光量損失やゴーストが出る

ことで不利であった[2]。入射角度15から16度の画面中央に向かう光束についてゾナーのコマ収差はズマールの半分程であり、開放からシャープなレンズとして定評を得ていたため、ズマールに代表される対称型レンズは主流というわけではなかった[2]

1950年代前後に日本で起きた大口径レンズ競争の中でも一つの有力な選択肢であった[3]

キヤノン50mmF1.9は当時としては典型的なダブルガウスレンズの一つであり、絞り込んだ時のシャープさでは定評があったがコマ収差が残存するため絞り開放での画面中間部でのフレアーが起き、シャープさではゾナーに一歩譲っていた[4]伊藤宏はコマ収差が多い原因を絞り直後の凹面である旨突き止めてこれを緩くし、その結果発生する球面収差を絞り直前の貼り合わせレンズの貼り合わせ面後ろの凹面レンズに極端に高屈折率のガラスを使って解消し、結果発生するペッファール和の変動を押さえ込むため絞り直後の凹面レンズに極端に低屈折率のガラスを使った[2]。これにより1951年に対称型でありながらコマ収差はゾナー50mmF2程度しかない独自設計のキヤノン50mmF1.8ができあがり、ゾナー型と対等に利用されるようになった[2]

この他1948年富士写真フイルム製クリスター50mmF2とクリスター85mmF2、1951年富士写真フイルム製フジノン50mmF2がダブルガウス、1954年小西六写真工業(現コニカミノルタ)製ヘキサノン60mmF1.2と1960年キヤノンカメラ(現キヤノン)製キヤノン50mmF0.95も変形ダブルガウスである[3]

一眼レフカメラとともに発展[編集]

レンズ交換式カメラの主流がレンジファインダーカメラに代わって一眼レフカメラになって来ると、ミラーの可動域を確保するためバックフォーカスがある程度必要であり、バックフォーカスを短くできないゾナーは標準レンズとしての使用が難しくなった。またコーティング技術の発達により群の数が多くても大きな欠点とはならなくなって来た。これらのことから次第に有力な選択肢となり、標準レンズや大口径望遠レンズのほとんど全てがダブルガウス型で設計されるようになって行った。

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 『クラシックカメラ専科No.3、戦後国産カメラの歩み』p.151。
  2. ^ a b c d e f g 『クラシックカメラ専科No.19、ライカブック'92』p.103。
  3. ^ a b 『クラシックカメラ専科No.3、戦後国産カメラの歩み』p.153。
  4. ^ 『クラシックカメラ専科No.19、ライカブック'92』p.104。

参考文献[編集]

  • 『クラシックカメラ専科No.19、ライカブック'92』朝日ソノラマ
  • 『クラシックカメラ専科No.3、戦後国産カメラの歩み』朝日ソノラマ