アルヴァン・クラーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Alvan Clark

アルヴァン・クラーク(Alvan Clark 、1804年3月8日-1887年8月19日)は、アメリカ天文学者望遠鏡製作者。マサチューセッツ州アシュフィールド***生まれで、もともとは肖像画家だったが、40歳で望遠鏡製作を始める。2人の息子と設立したアルヴァン・クラーク・アンド・サンズ社***で彼は、 バーミンガムチャンス商会***が製造した光学ガラスを研磨して、当時世界最大級の屈折望遠鏡などを数々製作した。その主要なものには、ディアボーン天文台***(旧シカゴ大学付属***)の18.5インチ径(元々ミシシッピ大学***用に製作されたレンズ)、アメリカ海軍天文台の26インチ径、プルコヴォ天文台の30インチ径(レニングラード包囲戦で破壊、レンズのみ無事)、リック天文台の36インチ径、現存する世界最大の屈折望遠鏡であるヤーキス天文台の40インチ径などがある。息子のひとりアルヴァン・グラハム・クラークはレンズのテスト中にシリウス伴星を発見した。共同経営者のもうひとりの息子はジョージ・バセット・クラーク***である。

彼の業績を讃えて火星にその名のクレーターがある。


関連項目[編集]

参考資料[編集]