プルコヴォ天文台

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
プルコヴォ天文台
1839年に設立開所した当時のプルコヴォ天文台

プルコヴォ天文台(プルコヴォてんもんだい、Pulkovo Astronomical Observatory, ロシア語表記:Пулковская астрономическая обсерватория)はロシア科学アカデミーが運営する天文台で、サンクトペテルブルクの南19kmの海抜75mのプルコヴォ Pulkovo の丘の上にある。位置は北緯 59° 46′ 18″、西経 30° 19′ 34″の位置にある。

1839年にフリードリッヒ・フォン・シュトルーベの設立により開所し、彼が初代の所長となった。1861年に息子のオットー・フォン・シュトルーベが所長の座を継いだ。

17世紀当時としては世界最大の 38cmの屈折望遠鏡を備えていた。天体の位置の計測、歳差などの計測を行い、ロシア各地の地理的位置の基準となった。

基礎的な測地測量事業にも参画し、1851年までドナウ川から北極海に至る子午線弧測量シュトルーヴェの測地弧を参照)を実施し、1899年から1901年にかけてはスピッツベルゲンでの三角測量を実施した。

その後も観測設備の増強が行われ、ロシア天文学の中心的な施設となった。ロシア革命、1930年代の大粛清による天文学者の亡命などを経て、第2次大戦によるドイツ軍の空襲によって施設は破壊されたが、1946年から再建が始められ、電波望遠鏡など新しい設備を備えて、1954年に開所された。

小惑星(762)プルコヴァは、プルコヴォ天文台にちなみ命名された。