ゾナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゾナー50mmF1.5

ゾナーSonnar )は、ツァイス・イコンルートヴィッヒ・ベルテレエルノスターを改良して1929年に発明したカール・ツァイスのレンズである。名称の由来はツァイスの工場が郊外にあった都市ゾントホーフェン(Sonthofen )から来るという説と太陽を意味するドイツ語(ゾンネ、Sonne )から来るという説[1]の2つの説が知られる。なお、現在カール・ツァイスではベルテレがゾナーの前に設計したエルノスター型レンズにもゾナーの名称をつけている。

張り合わせによる、枚数の割に群数の少ない構成は、レンズコーティング以前の時代には反射率の高い空気-ガラス面が少ないことから4群6枚のダブルガウス型より好まれ、また大口径化も進んだ。しかし後群のレンズが後方に伸びていることはミラーに干渉するため一眼レフカメラには不利で、コーティング技術も発達したことから、後の時代の主流は他の形式に譲られることになった。

解説[編集]

レンズコーティング技術が実用的でなかった戦前、3群構成として空気境界面を減らすことによりプラナーに比べ格段に高コントラストな画像を得ることを可能にした。当初はF2.0の、1932年には3群7枚F1.5のコンタックス用5cmレンズが作られた。しかし性能は高いが、大きなガラス塊が必要で重く、3枚張り合わせのために製造効率も悪く、価格も非常に高いレンズとなった。

戦後は一眼レフカメラに主流が移っていったわけだが、レンズの後方にミラーを置くスペースが必要となる一眼レフカメラでは、後群が干渉するゾナーは不利であった。コーティング技術の発達などもあり一眼レフカメラ用交換レンズでは、ゾナー型は望遠レンズなど一部に採用されるにとどまっている。一方でミラーの制限が無いコンパクトカメラ等には、コンパクトにまとまる利点を生かしたゾナー風構成の採用例がいくつもあり、さらに時代が移ったデジタルカメラでも一眼レフ以外に採用例がある。

非対称型構成のため、糸巻き型の歪曲収差が発生しやすい。

製品一覧[編集]

コンタフレックス(Contaflex )用[編集]

戦前のライカ判レンズ交換式二眼レフカメラ用であり、戦後のライカ判レンズシャッター式一眼レフカメラには使用できない。

コンタフレックス126(Contaflex126 )用[編集]

専用マウントによる交換式。

コンタレックス(Contarex )用[編集]

コンタックス(Contax )用[編集]

コンタックス用ゾナーはいずれも1940~1950年代、高性能なレンズのお手本として世界中でコピーや改良型が設計された。

コンタックスRTS(CONTAX RTS )用[編集]

コンタックスT(CONTAX T )用[編集]

高級コンパクトカメラ、コンタックスTシリーズに固定装着されている。いずれもエルノスター型である。

コンタックスG(CONTAX G)用[編集]

コンタックスN(CONTAX N )用[編集]

エクサクタマウント[編集]

グラフレックスXLシリーズ用[編集]

  • ゾナー180mmF4.8

ハッセルブラッドVシリーズ用[編集]

SWCシリーズを除くハッセルブラッドVシリーズ用。シャッターを内蔵しないものは2000、200シリーズ専用。

ライカL/Mマウント[編集]

M42マウント[編集]

ペンタコン6用[編集]

ローライ35S用[編集]

ローライ35Sローライ35SEに固定装着されている。

ローライフレックス6×6cm判二眼レフカメラ用[編集]

テレローライフレックスゾナー135mmF4が固定装着されている。

ローライフレックス6000シリーズ用[編集]

ローライフレックスSL66シリーズ用[編集]

ローライフレックスSL35/SL2000シリーズ用[編集]

ソニーαマウント[編集]

コニカミノルタホールディングスから引き継いだαシリーズ用。

  • ゾナー135mmF1.8

ソニーEマウント[編集]

  • ゾナー24mmF1.8 [2]

ソニーサイバーショット用[編集]

  • ゾナー35mmF2 - DSC-RX1に内蔵。

大判用[編集]

関連項目[編集]

関わった設計者[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 日沖宗弘『プロ並みに撮る写真術II』P198。
  2. ^ SEL24F18Z デジタル一眼カメラ”α”(アルファ)Eマウント”. 2013年6月26日閲覧。