コンタックスG

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コンタックスG1

コンタックスGシステムContax G-System)は、1994年京セラが開発し、2005年まで販売されていたコンタックスブランドのフィルムカメラシリーズおよび専用レンズを中心とした製品群。

構造上はいわゆる「M型ライカ」と同じくレンジファインダー・カメラに分類されるが、機能面では徹底的に電子化・自動化を行った最新技術志向の製品であった。

カメラボディ[編集]

コンタックスG1
プラナーT*45mmF2装着
コンタックスG2
ビオゴンT*21mmF2.8および外部ファインダーGF-21mm装着

一眼レフカメラ全盛の1990年代において、趣味性の高いレンズ交換式レンジファインダーカメラを完全電子化、オートフォーカスを実現するという野心的なシリーズで、ボディは初代コンタックスG1および後継機種コンタックスG2の2機種が製造された。両機種・レンズとも機能性・画質・デザインといった多くの面で完成度の評価は高く、また極端な高級路線を取りがちなコンタックス製品としては比較的現実的な価格も多くのユーザーを受け入れる下地となった。ちなみにG2用レンズにはライカM用マウントに改造するカメラ専門店も有りライカMに使用することも可能になる。

一方、マニア層においてはコンタックスGシリーズの評価は分かれる。内蔵するレンジファインダーはオートフォーカスへの対応が最大の特徴であるが、フレーミング用のファインダーはこれとは別のユニットとして設けられており、使用者がレンジファインダー内の像を見ることはできない。このため撮影の際に合焦位置を目視で確認・調整することはできず、レンジファインダーカメラにもかかわらず一般的なコンパクトカメラと同じ制約を背負うことになる。また初代機種のG1ではオートフォーカスの成功率・動作速度にかなりの難点が見られ、改善を図ったコンタックスG2では赤外線によるアクティブオートフォーカスを併用することになった。この仕様は「何のためのレンジファインダーか」との疑問を引き起こし、完成度の高いコンタックスGシリーズにおいて大きく目立つ欠点となっている。

フレーミング用ファインダーはいわゆる「実像式」タイプで、取り付けられたレンズの焦点距離を電子認識し、自動的に表示範囲の調整とパララックス補正を行う機能を備える。特にコンタックスG2のファインダーはズームレンズの画角変化にも逐次追従するなどオート機能の充実にこだわりが行き届いた設計となっているが、ファインダーとしての基礎的な性能があまり高くないことや、ブライトフレーム方式の視野の広さもまたレンジファインダーカメラのメリットとして挙げられることなどから、このズームファインダーに高い価値を見出す者は数少ない。

京セラのカメラ事業撤退によりコンタックスGシステムの開発も既に完結しており、アクセサリを含む全ての製品が2005年3月をもって生産終了、同年9月に出荷完了となっている。以下記事中に「希望小売価格」として記載した円建ての価格はいずれも発売当時に京セラが日本国内で提示していた税抜き希望小売価格である。京セラからの出荷が停止して以後は基本的に中古品のみが流通しているが、その相場はコンタックスG2で4万円から6万円程度[1]と希望小売価格比で非常に低く、流通量の多さも含め、他のコンタックス製品と比較して入手はたやすい。

コンタックスGシリーズボディに共通の不具合として「シャッターボタン横に取り付けられているフィルムカウンター窓の小型液晶パネルが内部で液漏れしやすい」という問題を抱えており、中古での購入時にはこの現象が起きているか否か、あった場合には枚数表示の視認に影響がないかを確認する必要がある。また、外装はチタンであるものの、内部部品にはプラスチックが多用されており、これらの経年劣化・損傷が起きやすい。

G1/G2の比較
コンタックスG1 コンタックスG2
ファインダー 構造 実像式ズームファインダー
仕様 視野率90%・倍率0.57倍(45mm・視度-1D・無限遠の場合)
AEブラケット 対応
オートフォーカス 測距方式 パッシブ パッシブ/アクティブ併用
コンティニュアス 非対応 対応
連続撮影速度 秒2コマ 秒4コマ
シャッター 縦走行式フォーカルプレーンシャッター(電子制御)
シャッター速度 絞り優先 1/2000~16秒 1/6000~16秒
マニュアル 1/2000~1秒 1/4000~4秒
フラッシュ同調 1/100秒以下 1/200秒以下
アクセサリーシュー TTL測光連動対応(コンタックスTLAストロボ)
電源 CR2二本(メーカー測定寿命は24枚撮り80本分)
寸法 133mm×77mm×42mm 139mm×80mm×45mm
重量 460g 560g
日程 発売 1994年9月 1996年10月
生産終了 1996年9月 2005年3月
補修期限 2006年9月 2015年3月
希望小売価格 日本 14万3000円 16万3000円
米国 1928米ドル 2250米ドル
G2ブラック

また、G2はボディカラーが通常のチタン地色のものとは別にブラック塗装のモデルが数量限定で生産された。このモデルは一般にG2ブラックと呼ばれ、日本では1000台限定で1997年9月10日に発売された。ボディに合わせて各Gマウントレンズにもブラック塗装モデルが用意された[2]ほか、レンズキャップやフードといったアクセサリ類にもブラック塗装品が生産され、レンズ本体とセットで入手できた。

Gマウント[編集]

概要[編集]

コンタックスGシリーズボディーが対応するレンズマウントは専用に設計されたコンタックスGマウントである。口径44.0mm、フランジバック29.0mmで、電子接点はレンズ側が9つ、ボディ側はコンタックスG1が5つ、コンタックスG2が7つである。取り付けの構造はいわゆるスピゴット式にあたり、ボディとレンズを接合させ、鏡筒後部のリングを回転させて固定する。取り付け時にレンズ側の絞り指標も回転する仕様のため、ボディから分離されたレンズは絞り輪の回転範囲と指標の位置が一致しないが、故障ではなく正常な状態である。

コンタックスGマウントは過去のいかなるレンズマウントとも直接的な互換性を持っていない。純正マウントアダプター「GA-1」を使用することでコンタックス一眼レフ用のレンズを取り付け、マニュアルフォーカスで使用することができるが、これ以外のマウントアダプターは非純正を含め一つも発売されなかった。また、コンタックスGマウントはもともとフランジバックが短いうえ、レンズ側もボディ内にミラーなどの障害物が存在しないことを前提に設計されているため、コンタックスGマウントレンズを無限遠にピントが合う状態で一眼レフボディで使用するためのアダプターは製作が不可能である[3]。ただし、ハーフサイズ規格の一眼レフカメラであるオリンパスのペンFのフランジバックはGシリーズよりもフランジバックはやや短く、無限遠でも合焦させることは可能である。しかし、フランジバックの短いミラーレス一眼デジタルカメラの登場により、2010年頃からコンタックスGマウントレンズをミラーレス一眼に取り付けるアダプターが各種販売され始めた。

純正レンズ[編集]

プラナーT*35mmF2作例
ウドムルト共和国の首都イジェフスク、コンタックスG2

京セラ純正のコンタックスGマウント対応レンズはオートフォーカス単焦点5種・オートフォーカスズーム1種・マニュアルフォーカス単焦点1種の計7種類が発売された。レンジファインダーカメラらしく広角レンズを中心としたラインアップで、全てカール・ツァイスブランド・T*コーティング仕様となっている。焦点距離では16mmから90mmまでが用意されているが、ボディ内蔵ファインダーが対応可能な画角は28mm以上であるため、16mm/21mmレンズにはアクセサリーシューに取り付けて使う専用外付けファインダーが付属する。これらのファインダーにはパララックス補正の機能はない。コンタックスG1は35-70mmには対応しないほか、21mm/35mmレンズの使用にはメーカーによるアップデートが必要である。

対応ボディがわずか2機種しか発売されなかったことから中古市場での価格はリーズナブルであるが、性能面では描写力に優れた45mmプラナーやカルト的人気を誇る16mmホロゴンをはじめとして、ラインアップされている製品全てが高い評価を受けている。レンズ構成が比較的本来の仕様に近いものが多いため、「ブランドだけではない本物のツァイスレンズ」を体験したいユーザーにも人気がある。特に、ホロゴンおよびビオゴンに見られるバックフォーカスが極端に短い構成は一眼レフカメラ向けには物理的に設計できず、またデジタルカメラではイメージセンサーへの入射角の問題から性能を発揮しづらいため、デジタル一眼レフ全盛の現代においては極めて希少な存在である。

各Gマウントレンズの仕様
レンズ名 構成 焦点距離 画角 絞り最大/最小 合焦 最短距離 前ネジ径 直径 突出 質量 製造国 発売 希望小売価格
ホロゴンT*16mmF8 3群5枚 16mm 106度 F8固定 マニュアルフォーカス 0.3m なし 57mm 11.0mm 120g ドイツ 1994年 28万円
ビオゴンT*21mmF2.8 7群9枚 21mm 90度 F2.8/F22 オートフォーカス 0.5m 55mm 59mm 35.5mm 200g 日本 1996年 12万円
ビオゴンT*28mmF2.8 5群7枚 28mm 75度 F2.8/F22 オートフォーカス 0.5m 46mm 56mm 30.5mm 150g 日本 1994年 5万7000円
プラナーT*35mmF2 5群7枚 35mm 64度 F2/F16 オートフォーカス 0.5m 46mm 56mm 31.5mm 160g 日本 1996年 4万7000円
プラナーT*45mmF2 4群6枚 45mm 50度 F2/F16 オートフォーカス 0.5m 46mm 56mm 38.5mm 190g 日本 1994年 3万7000円
ゾナーT*90mmF2.8 4群5枚 90mm 27度 F2.8/F22 オートフォーカス 1.0m 46mm 56mm 63.0mm 240g 日本 1994年 4万7000円
バリオゾナーT*35-70mmF3.5-5.6 8群13枚 35-70mm 62度-35度 F3.5-5.6/F22 オートフォーカス 1.0m 46mm 60mm 54.0mm 290g 日本 1999年 12万5000円

全てのコンタックスGマウントレンズは京セラのカメラ事業撤退に伴い2005年3月に生産完了となった。京セラによる補修サービスの期限は2015年3月となっている。2002年1月には日本国内の各小売店舗において「モニターキャンペーン」という名目でレンズの安売りが行われ[4]、この時点で既に実際のレンズ生産は終了していたと見られている。

マウントアダプター[編集]

京セラ純正の「GA-1」が唯一の存在である。このアダプターを間に挟みこむことで、コンタックス/ヤシカマウントの一眼レフ用レンズを使用できる。コンタックス/ヤシカマウントレンズは豊富な種類がラインアップされており、特にコンタックスGマウントに存在しない100mm以上の望遠レンズを多く揃えるため、GA-1の使用により選択肢を大きく広げることができる。付属品は前後キャップ(ボディキャップC・GK-R1)。希望小売価格2万円。

露出決定はTTL実絞り測光による絞り優先オートおよびマニュアル露出の双方が使用できる。コンタックス/ヤシカマウントレンズは全てマニュアルフォーカス専用であるためオートフォーカス機構は動作しないが、コンタックスGマウントボディはファインダー部に独立した距離計を内蔵しているため、条件を満たせばボディの測距機能をフォーカシングの参考に使用することができる。ただし取り付けられたレンズやフードの外径が66mm以上の場合、内蔵距離計の光路をふさいでしまうために測距機能は動作しない。

コンタックスGシリーズボディの特徴である焦点距離可変の内蔵ファインダーもGA-1に連動する。GA-1の鏡筒部には画角リングと呼ばれるスイッチがあり、28mm/35mm/50mm/60mm/85mmのいずれかにセットできる。内蔵ファインダーはここで設定された画角を認識して追従、パララックス補正も機能する。画角リングにない焦点距離のレンズを使用する場合は「最も近い値」にセットすることを推奨されているが、この場合は当然ながら内蔵ファインダーでのフレーミングは目安程度にしか使えず、パララックス補正にも誤差が出る。

ファインダーと測距機能の両方が完全に機能すると保証されているレンズは以下の8種である[5]

評価の高いコンタックス/ヤシカマウント用標準レンズ、プラナーT*50mmF1.4
パララックス補正対応範囲が∞-1.0mのレンズ
ディスタゴンT*28mmF2
ディスタゴンT*28mmF2.8
ディスタゴンT*35mmF2.8
テッサーT*45mmF2.8
プラナーT*50mmF1.4
プラナーT*50mmF1.7
パララックス補正対応範囲が∞-3.0mのレンズ
マクロプラナーT*60mmF2.8C
ゾナーT*85mmF2.8

コンタックス/ヤシカマウントには他マウント規格のレンズを使用するためのアダプターが流通しており、これらのアダプターとGA-1を2段付けにすればそれらが対応するマウントのレンズをコンタックスGマウントボディで使用することができるようになる[6]。ただしこの使用方法は設計時に想定されていない用途であるため、メーカーからはいかなるサポートも受けられない。コンタックス/ヤシカマウント用アダプターが用意されているマウントの大部分は中・大判マウントで、ハッセルブラッドがメーカー純正で生産したものが有名である。M42のように普及率の高いマウント用の製品も存在する。M42マウントについては一時サードパーティ製のコンタックスGマウント用アダプターの話があった[7]ものの表舞台に出ることはなかったため、結局二段付けによる使用に頼らざるを得ない状況が続いている。

純正アクセサリ[編集]

遠隔撮影を行うには有線電気信号式の「ケーブルスイッチL」シリーズが必要となる。無線式リモコンや旧来の機械式ケーブルレリーズには対応していない。

コンタックスGシリーズ用デザインのフラッシュは下記2機種が用意されているが、いずれも小型タイプでバウンス用の角度調整機構を持たず、電源がやや高額なリチウム電池であるなどの難点もある。コンタックスGシリーズボディはコンタックスTLA系の全ストロボにも対応するため、必要であればより大型のストロボを使用することができる。また他社製フラッシュもホットシュー接点やシンクロターミナルを介してAE非連動で使用できる。

データバック GD-1
コンタックスG1にオートデート(自動日付写しこみ)機能を追加する。フィルム室の裏ぶたの形をしており、標準の裏ぶたと交換して使用する。電源はCR2025一個。
データバック GD-2 マルチファンクションタイプ
G2D
コンタックスG2用データバックで、コンタックスG2Dの標準添付品と同等。日付に加えて露出データの扱いをサポートし、写し込み箇所も各コマ間またはフィルム一コマ目・二コマ目へのまとめ写し込みに対応、さらにはインターバル撮影機能の追加も担う高機能なものである。なお、ライトユーザーに多用される写真内への写しこみはサポートしない。装着するとただでさえ大きく重いコンタックスG2が一段とかさむ点も含め、コンタックスG1用データバックとはかなり性格が異なる。電源はCR2025二個。希望小売価格6万5000円。
パワーパックアダプター GP-1
カメラを乾電池で駆動させるためのダミーバッテリー。底面のソケットをパワーパックと接続する。希望価格5000円。
パワーパック P-8
カメラを乾電池で駆動させるための外部バッテリーパック。カメラに取り付けたパワーパックアダプターとプラグで接続する。電源は単3形電池四本。希望小売価格6000円。
フラッシュ TLA140
ガイドナンバー14の外付けフラッシュ。照射角度は28mmレンズ相当、電源はCR123A一個。縦長の板のような形状で、可搬性と照射高を両立している。希望小売価格2万円。
フラッシュ TLA200
ガイドナンバー20の外付けフラッシュ。照射角度は28mm/35mm/45mm/90mmを手動で切り替えることができる構造で、電源はCR2二個。G2にあわせて発売された。希望価格3万円。
ディオプターレンズ GFLタイプ
コンタックスG2/G2D用の視度補正レンズ。-4、-2、+2の3種が用意され、希望小売価格は各1000円。

参考文献[編集]

  • 田中長徳 (1995-12-15) (日本語). 温故知新のコンタックスG1. カメラジャーナル新書. アルファベータ. ISBN 978-4871985024.  税別定価1400円.
  • 田中長徳 (1998-10-31) (日本語). 温故知新のコンタックス. カメラジャーナル新書. アルファベータ. ISBN 978-4871985123.  税別定価1400円.
  • 田中長徳 (1998-03-01) (日本語). New York City, 1997―With G2 & G1. アルファベータ. ISBN 978-4871984928.  税別定価2400円.

ユーザーである写真家[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 藤井智弘. “日本カメラ・中古カメラチャートでサーチ 第7回 コンタックスG2 (HTML)” (日本語). 日本カメラ. 2008年5月3日閲覧。
  2. ^ ただし、ホロゴン16mmのみブラックモデルは存在しない。しかしながらデザイン上は標準カラーのものでも比較的違和感は少ない。
  3. ^ 近接撮影のみのアダプターなら製造可能。
  4. ^ 希望小売価格12万円の21mmレンズが4万円、希望小売価格28万円の16mmレンズが7万円という破格値にも関わらず、名目となっているモニター依頼が「写真作品1点・使用感レポート400字以内を6月1日までに提出」という漠然としたものであり、なおかつ氏名登録も法的契約も伴わない一切の拘束力を持たぬ販売形態であるなど実質的には在庫の投売りであった。
  5. ^ (日本語) (PDF) CONTAX G2 取扱説明書. 京都府京都市伏見区竹田鳥羽殿町6番地: 京セラ. (1996年). pp. 86-91. http://www.kyocera.co.jp/prdct/optical/support/data/g2manual.pdf 2008年5月3日閲覧。. 
  6. ^ マウントアダプター GA-1 (HTML)” (日本語). グラスルートシステム. 2008年5月3日閲覧。
  7. ^ 不人気のコンタックスG1が蘇る (HTML)” (日本語). mount-magic.com. 2008年5月3日閲覧。
  8. ^ Michael Almereyda (Director) (2005年11月18日) (HTML). William Eggleston In the Real World (Documentary). Palm Pictures.. http://www.imdb.com/title/tt0443698/ 2008年5月3日閲覧。 
  9. ^ Randy Woods (2004年9月). “PhotoMedia Magazine: Spring 2004: Cover Story (HTML)” (英語). PhotoMedia. 2008年5月3日閲覧。

外部リンク[編集]

メーカーサイト[編集]

ユーザーサイト[編集]