ブリスカヴィカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブリスカヴィカ
Blyskawica.jpg
ブリスカヴィカ
ブリスカヴィカ
種類 短機関銃
製造国 ポーランドの旗 ポーランド
設計・製造 地下工場(密造)
仕様
口径 9mm
銃身長 197mm
使用弾薬 9mmパラベラム弾
装弾数 32発(箱型弾倉)
作動方式 シンプル・ブローバック方式
オープン・ボルト撃発
全長 556mm/730mm
重量 3220g
発射速度 550~650発/分
有効射程 150~200m
歴史
テンプレートを表示

ブリスカヴィカブウィスカヴィツァポーランド語:Błyskawicaブウィスカヴィーツァ)は、第二次世界大戦中にポーランドのレジスタンス組織のひとつでロンドンの亡命政府の指揮下にあったポーランド国内軍(Armia Krajowa, AK)が独自に設計製造した短機関銃である。

なお、「ブリスカヴィカ」は日本語における慣用表記で、ポーランド語としての発音は「ブウィスカヴィツァ」に近い。

開発[編集]

この銃は、ポーランド国内における反ナチス・ドイツのレジスタンス闘争用に設計された短機関銃である。
1943年4月に設計が開始され、同年9月に試作品が完成し量産体制が整い、ポーランド語で「稲妻」を意味するBłyskawicaと命名された。

設計[編集]

イギリスのステンガンの基本構造に加えて、折りたたみ式銃床や弾倉の挿入方向などドイツのMP40も参考にして設計されている(ポーランドではステンガンのコピー生産も行われていた)。

作動機構は構造の単純なシンプル・ブローバック方式オープン・ボルト撃発を採用しているが、ファイアリング・ピンはボルトに固定されておらず、MP40と同様に独立している。

弾丸は9mmパラベラム弾を採用し、マガジンはMP38/MP40のものを流用しており、ドイツ軍からの鹵獲や闇購入を前提とした装備だった。

実戦投入[編集]

1943年から1944年にかけて行われた“嵐”作戦と1944年8月1日のワルシャワ蜂起にて上記の国内軍やKeDywKierownictwo Dywersjiアクロニム。ポーランド語でDirectorate of Sabotage and Diversion)によって使用された。

関連項目[編集]