フルヴィオ・ルチザーノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フルヴィオ・ルチザーノFulvio Lucisano1928年8月1日 ローマ - )は、イタリア映画プロデューサーである。映画製作配給会社「イタリアン・インターナショナル・フィルム」の創設者として知られるイタリア映画界の大御所である。

来歴・人物[編集]

1928年8月1日、イタリアの首都ローマに生まれる。

「イタリアン・インターナショナル・フィルム」社を設立、23歳にして、1951年に『百人のちいさな母 Cento piccole mamme』(監督ジュリオ・モレッリ、日本未公開)を製作して以来、500本を超える映画を製作、配給してきた。79歳の現在も現役である。

1963年に1本だけ、映画を監督している。ドキュメンタリー映画『Processo a Stalin』(共同監督レナート・マイ)がそれである。もちろん自社製作である。

おもなフィルモグラフィ[編集]

外部リンク[編集]