フリアン・バウティスタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フリアン・バウティスタJulián Bautista, 1901年4月21日 - 1961年7月8日)は、スペイン作曲家

マドリード出身。14歳からマドリード音楽院作曲を学んだ。19歳で作曲家デビューし、1923年1926年の2度にわたって弦楽四重奏曲で国家賞を受賞した。さらに1929年バレエ「馬鹿騒ぎ」と1932年の「グロテスクな序曲」が高い評価を受けた。

1930年フランス6人組にならって、サルバドール・バカリッセフェルナンド・レマーチャホアン・ホセ・マンテコングスタボ・ピッタルーガローサ・ガルシア・アスコートロドルフォ・アルフテルエルネスト・アルフテルらとともにスペイン8人組を結成した。

しかしスペイン内戦の結果国を逃れ、フランスベルギーで1年過ごした後、1940年アルゼンチンブエノスアイレスに移り、そのままブエノスアイレスで死去した。

作品には歌曲、合唱曲、ピアノ曲、映画音楽室内楽曲、2つの交響曲などがある。

外部リンク[編集]