フランス6人組

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フランス6人組(フランスろくにんぐみ Les Six)は、20世紀前半フランスで活躍した作曲家の集団。単に「6人組」とも呼ばれる。全員で活動したのはたったの1回であった。

ロマン派音楽印象主義音楽とは一線を画し、新古典主義音楽に含まれる傾向を示す。

彼等は一つのグループであっても、誰一人として「同じ音楽的傾向は持ち合わせていない」と語っていたものの、今日の音楽学者や批評家は彼らの音楽を「家族的作風」というひとつの傾向にまとめている。また、常に新しい音楽を提案していたグループとしても知られ、全音階(ドレミファソラシド)に最後の可能性を求めた音楽家集団でもあった[1]

フランス6人組の作曲家[編集]

結成の経緯[編集]

オネゲル、ミヨー、タイユフェールの3人はパリ音楽院の同期生であり、デュレ、オネゲル、オーリックはエリック・サティらと「新しい若者のためのグループ(ヌヴォー・ジュンヌ)」を結成していた。1917年頃にはサティの『パラード』に感銘を受けたプーランクが合流する。

プーランクによれば、当時ヴィユ・コロンビエ劇場の運営を任されていた声楽家のジャーヌ・バトリが企画した、上記6人の作曲家のコンサートが「6人組」成立の発端となった[2]。また、彼らはモンパルナスの画家たちのアトリエにおいて、パブロ・ピカソジョルジュ・ブラックアメデオ・モディリアーニらと共同で、音楽と美術のコラボレーション「竪琴とパレット」を企画するなどの活動を行った[2]

彼らとつながりが深かった詩人ジャン・コクトーは、『雄鶏とアルルカン』(1918年3月)、『パリ・ミディ』紙(1919年)において印象派にかわる新しいフランス音楽の必要性を説き、コクトーの影響を受けた批評家のアンリ・コレロシア語版は彼らを「6人組」と名づけ、1920年1月16日付の『コメディア』誌に「ロシア5人組、フランス6人組、そしてエリック・サティ」を掲載し、この名称を世に広めた[3]

メンバーとしての創作活動は少なく、共同制作によるピアノ小品集『6人組のアルバム』(1920年)、デュレを除く5人の合作による『エッフェル塔の花嫁花婿』(1921年バレエ・スエドワの委嘱による)などがあるのみである。

出典[編集]

  1. ^ エヴリン・ユラール=ヴィルタール 『フランス6人組 20年代パリ音楽家群像』 飛幡祐規訳、晶文社1989年、15頁。ISBN 479-495073X
  2. ^ a b 『プーランクは語る 音楽家と詩人たち』 フランシス・プーランク、ステファヌ・オーデル、千葉文夫訳、筑摩書房1994年ISBN 978-4-48-087244-9
  3. ^ 今谷和徳、井上さつき 『フランス音楽史』 春秋社2010年ISBN 978-4-39-393187-5

関連項目[編集]

外部リンク/参考文献[編集]