ロドルフォ・アルフテル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ロドルフォ・アルフテル・エスクリチェRodolfo Halffter Escriche1900年10月30日 - 1987年10月14日)はスペイン作曲家

マドリード出身。ケーニヒスベルク出身のドイツ人の父親とカタルーニャ人の母親との間に生まれ、母親の影響で音楽家となった。エルネスト・アルフテルは弟、クリストバル・アルフテルは甥にあたる。

作曲は独学で、アルフテル兄弟を中心としたグループはフランス6人組をもじってスペイン8人組と呼ばれた。ロドルフォはクロード・ドビュッシーアルノルト・シェーンベルクモーリス・ラヴェルバルトーク・ベーラなど当時の前衛音楽の影響を受け、創作活動を行った。この時期の作品には「アルメリアのドン・リンド」などがある。スペイン内戦時には共和国政府の宣伝部で働いていたため、共和国政府の敗北後メキシコに亡命。メキシコでの作品にはヴァイオリン協奏曲などがあり、国立音楽院の教授を務めた。1963年以降帰国を許され、グラナダサンティアゴ・デ・コンポステーラで指導に当たると共に、クエンカとマドリードの音楽祭に参加した。1986年にはスペイン音楽大賞を受賞している。1989年にメキシコで生涯を閉じた。

作風は、多調ドメニコ・スカルラッティなどの古典主義音楽の影響が特徴である。またメキシコに初めて十二音技法をもたらしたといわれている。

文献[編集]

  • Malström, Dan. Introducción a la Música Mexicana del siglo XX. Brevarios. Fondo de Cultura Económica.