フランチェスコ・マリーア1世・デッラ・ローヴェレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フランチェスコ・マリーア、ティツィアーノ
少年期のフランチェスコ・マリーア、ラファエロ

フランチェスコ・マリーア1世・デッラ・ローヴェレ (Francesco Maria I della Rovere,1490年3月22日 - 1538年10月20日)は、イタリアの軍人、コンドッティエーレウルビーノ公

教皇軍の傭兵だったジョヴァンニ・デッラ・ローヴェレと、フェデリーコ・ダ・モンテフェルトロの娘ジョヴァンナの子として、セニガッリアで生まれた。1503年に即位した教皇ユリウス2世(俗名ジュリアーノ・デッラ・ローヴェレ)は父方の伯父にあたる。

母の弟グイドバルドに子供がないため、ユリウス2世の仲介により、次期ウルビーノ公に指名された。1502年、フランチェスコはマルケで最も強大な力を持っていたチェーザレ・ボルジアにセニガッリアのシニョーレ(僭主)の座を奪われた。フランチェスコと母ジョヴァンナは、アンドレア・ドーリア率いるボルジア軍の殺戮から逃れた。1508年、叔父グイドバルドが死に、フランチェスコがウルビーノ公位を継いだ。伯父ユリウス2世は、チェーザレの死後に甥にセニガッリアを返還した。

1509年、フランチェスコは教皇軍の司令官に任命され、ただちにイタリア戦争に参戦しフェラーラ公国ならびにヴェネツィア共和国と戦った。1511年、ボローニャ征服に失敗した後、部下に枢機卿を殺害させるという冷酷な行いで、彼自身がチェーザレと比較されるようになった。1513年、ペーザロ卿となった。

しかし、彼の政治的な庇護者であったユリウス2世が亡くなると事態は暗転した。新教皇はメディチ家出身のレオ10世で、ペーザロを身内のロレンツォに与えた。1516年、フランチェスコは破門された上ウルビーノを追われ、ウルビーノ戦争イタリア語版フランス語版英語版と呼ばれた争いを起こし失敗した。彼が公位に返り咲くのは、1521年にレオ10世が崩御した後であった。

イタリア戦争時、ロンバルディアにおけるヴェネツィア共和国配下の将軍であったフランチェスコだったが、新たな教皇クレメンス7世メディチ家出身)はデッラ・ローヴェレ家を無視した。神聖同盟の最高司令官として、1527年の神聖ローマ帝国軍によるローマ略奪に対して彼は不介入を決め込んだ。

フランチェスコは1520年代後半に起きたパヴィア征服の主役で、ヴェネツィア共和国側について戦った。マルケにおける教皇庁の勢力に逆らい、彼は長男グイドバルド2世とジューリア・デ・ヴァラーノ(マルケの僭主の一族)の結婚を成立させた。

1538年、フランチェスコはペーザロで毒殺により急死した。

家族[編集]

エレオノーラ・ゴンザーガ、ティツィアーノ

1508年、エレオノーラ・ゴンザーガマントヴァフランチェスコ2世・ゴンザーガイザベラ・デステの長女)と結婚し、5子をもうけた。

先代:
グイドバルド・ダ・モンテフェルトロ
ウルビーノ公
1508年 - 1516年
次代:
ロレンツォ2世・デ・メディチ
先代:
ロレンツォ2世・デ・メディチ
ウルビーノ公
1521年 - 1538年
次代:
グイドバルド2世・デッラ・ローヴェレ