フランソワ=アドリアン・ボイエルデュー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ボイエルデュー

フランソワ・アドリアン・ボワエルデューFrançois Adrien Boieldieu [fʁɑ̃.swa a.dʁiɛ̃ bwa.ɛld.jø], 1775年12月16日 - 1834年10月8日)はフランスオペラ作曲家ピアニスト19世紀前半のフランス・オペラ界における重鎮作曲家の一人として活動した。「ボイエルデュー」と表記される場合もある(「ボワエルデュー」はフランス語読みであるため)。

優雅さと軽快さを持ち合わせた作風から、かつては「フランスのモーツァルト」と呼ばれた。ただし、実際はベートーヴェンと同世代である。

生涯[編集]

1775年12月16日、フランス北部のルーアンに生まれる。父親はルーアンの大司教の書記であった。1783年(8歳)に同地の大聖堂の少年聖歌隊に入り、歌唱法やソルフェージュを学ぶ一方で、同大聖堂のオルガニストを務めていたシャルル・ブロシュ(Charles Broche,1752 - 1803)に師事、またこの時期にパリボローニャへ向かい、A.L.クープラン(パリ)、G.B.マルティーニ(ボローニャ)らにそれぞれ師事して、ピアノオルガン、作曲法などの音楽教育を受けた。鍵盤楽器奏者として認められたのち、1791年(16歳)に故郷に戻ってからはルーアンの聖アンドレ教会のオルガニストに就任、またピアニストとしても活動を開始している。1792年に作曲し、自ら初演した『ピアノ協奏曲 ヘ長調』はこの時期の作品で、彼の唯一のピアノ協奏曲でもある。

同時に作曲家としても故郷ルーアンで活動を開始し、1793年に最初のオペラ『罪ある娘』を発表・上演され、オペラ作曲家として最初の成功を収めた。この1作目となったオペラは父の台本によるものである。続けて1795年に2作目となった『ロザリーとミルザ』も上演は成功を収める。この成功後によって1796年からパリで活動の拠点を置くことにし、1797年には3つのオペラ(『スイス人の家族』、『幸福な知らせ』『賭』)を立て続けに発表・上演し、パリ・オペラ座の人気作曲家として名声を確立する。1800年以降には『ベニオフスキー』、『バグダッドの太守』、『オーロール伯母さん』などでその地位を不動のものにした。なおこの時期に楽器製造家のエラール家に迎えられ、そこではルイジ・ケルビーニエティエンヌ・メユールロドルフ・クレゼール(「ロドルフ・クロイツェル」として知られる人物)、ピエール・ロードらと親交を結んだ。1798年から1803年までパリ音楽院のピアノ科の教授を務めているが、のちに1817年に復職している。

1802年、オペラ座で出会った舞踏家のクロティルド・マリュフリューレ(マルフロロアとも)と結婚するも、妻とはすぐに不和となり、わずか数か月で破綻を迎えた。翌年の1803年ロシア帝室作曲家の地位を得て、サンクトペテルブルクへ赴任する。宮廷ではフランス語のオペラの監督に任命され、1810年まで滞在した。同時に10作のオペラも生み出されている。1811年4月頃にパリに戻り、帰国して最初に発表されたオペラ『パリのジャン』(1812年)は大成功を収め、パリの聴衆から熱狂的に歓迎された。1817年、メユールの後任としてパリ音楽院の作曲科教授に就任し、1829年まで教鞭を執った。また1818年にはアカデミー会員にも選出されている。1825年には彼の最高傑作として評される『白衣の婦人』が初演され、好評を博す。

『白衣の婦人』を発表以後、1821年の『2夜』以降のオペラは成功作とはいえず不評に終わり、さらに結核性喉頭炎により健康を害したため、療養生活を送るようになる。晩年は家財を失い、政府の年金を受けながら生活を送るなどに過ごし、1834年10月18日にパリ近郊のヴァレンヌ=ジャルシーen:Varennes-Jarcy)でこの世を去った。彼の葬儀はアンヴァリッドで盛大に行われ、この時は友人ケルビーニの『レクイエム』が流されたという。

教え子にアドルフ・アダンピエール・ジメルマンらがいる。

主要作品[編集]

生涯に41作のオペラ(他人の合作も含める)を残し、今日上演されることはなく、顧みられてないが、『バグダッドの太守』や『白衣の婦人』の序曲は、今なお演奏会の人気の曲目に留まって演奏され、またハープ協奏曲などの器楽曲も時おり演奏・録音されている。

ボワエルデューのオペラ作品一覧を参照

オペラ[編集]

  • 罪ある娘(La fille coupable) (1793)
  • ロザリーとミルザ(Rosalie et Myrza) (1795)
  • スイス人の家族(La famille suisse) (1797)
  • 幸福な知らせ(L'heureuse nouvelle) (1797)
  • 賭、またはモンブリュイールとメルヴィーレ(Le pari, ou Mombreuil et Merville) (1797)
  • ゾライムとズルナール(Zoraïme et Zulnar)(1798)
  • スゼットの持参金(Le dot de Suzette) (1798)
  • スペイン人の誤解(Les méprises espagnoles) (1799)
  • エマ、または囚人(Emma, ou La prisionière) (1799)
  • ベニオフスキー、またはカムチャツカの逃亡者たち(Béniovski, ou Les exilés du Kamchattka) (1800)
  • バグダッドの太守Le calife de Baghdad) (1800)
  • オーロール伯母さん、または即席の小説(Ma tante Aurore ou Le roman impromptu) (1803)
  • キスと受領証、または駐屯地の出来事(Le baiser et la quittance, ou Une aventure de garnison) (1803)
  • アリーネ、ゴルコンダの王妃(Aline, reine de Golconde) (1804)
  • 怒れる若き女(La jeune femme colère) (1805)
  • アブデルカン(Abderkan) (1805)
  • 塔の侍女(Un tour de soubrette) (1806)
  • テレーマク(Télémaque) (1806)
  • 愛と謎、または私のいとこはどれ?(Amour et mystère, ou Lequel est mon cousin?) (1807)
  • 転覆した馬車(誘惑の旅)(Les voitures versées (Le séducteur en voyage)) (1808)
  • 目に見えない婦人(La dame invisible) (1808)
  • ささいなこと、または2つの屏風(Rien de trop, ou Les deux paravents) (1810)
  • パリのジャン(Jean de Paris) (1812)
  • 村の新しい領主(Le nouveau Seigneur de village) (1813)
  • メジエールのバヤール、またはメジエールの椅子(Bayard à Mézières, ou Le siège de Mézières) (1814)
  • ベアルヌ、またはアンリ4世の旅(Le Béarnais, ou Henri IV en voyage) (1814)
  • アンジェラ、またはジャン・クーザンのアトリエ(Angéla, ou L'atelier de Jean Cousin) (1814)
  • 隣村の祭り(La fête du village voisin) (1816)
  • シャルル・ド・フランス、または栄光の愛(Charles de France, ou Amour et gloire) (1816)
  • 赤頭巾ちゃん(Le petit chaperon rouge) (1818)
  • 対抗する芸術家たち(Les arts rivaux) (1821)
  • 白いプロヴァンス、または裁判所の妖精(Blanche de Provence, ou La cour des fées) (1821)
  • フランスとスペイン(La France et l'Espagne) (1823)
  • 3つのジャンル(Les trois genres) (1824) - オーベールとの合作
  • ファラモン(Pharamond) (1824)
  • 白衣の婦人La dame blanche) (1825)
  • 2夜(Les deux nuits) (1829)
  • ブランヴィリエ侯爵夫人(La marquise de Brinvilliers) (1831)

その他の作品[編集]

  • ピアノ協奏曲 ヘ長調(1792)
  • ハープとピアノのための二重奏曲第1番 ハ長調(1795)
  • ピアノソナタ 作品1、作品2(1795)
  • ハープとピアノのための二重奏曲第2番 変ロ長調(1796)
  • ヴァイオリン・ソナタ 作品3(1799)
  • ピアノソナタ 作品4(1799)
  • ピアノ三重奏曲 ニ長調 作品5(1800頃) - ピアノ、ヴァイオリン、チェロのための
  • ピアノソナタ 作品6(1800)
  • ハープ協奏曲 ハ長調(1801) - 同年出版
  • クラリネット・ソナタ 変ホ長調(1803) - 1814年改訂
  • 2台のピアノのための二重奏曲(第1番~第4番)
  • この他「ロマンス」と題された歌曲(約100曲)などがあるが、紛失したものや未発表のものも存在する。

参考文献[編集]

  • 『新訂 標準音楽辞典 ト-ワ/索引』 音楽之友社、2008年
  • 『音楽大事典 第5巻』 平凡社、1982年
  • 『クラシック作曲家辞典』 フェニックス企画編、中河原理監修 東京堂出版、2003年(第3版)

外部リンク[編集]