フユイチゴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フユイチゴ
Rubus buergeri in Mount Hongu 2011-01-02.jpg
フユイチゴ (本宮山・1月)
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: バラ目 Rosales
: バラ科 Rosaceae
亜科 : バラ亜科 Rosoideae
: キイチゴ属 Rubus
: フユイチゴ Rubus buergeri
学名
Rubus buergeri Miq.[1]
和名
フユイチゴ(冬苺)

フユイチゴ(冬苺、Rubus buergeri)は、バラ科キイチゴ属常緑匍匐性の小低木である[2]

特徴[編集]

つる植物のように匍匐して地表を這い、高さはせいぜい30 cm

葉は丸っこく、浅く3裂する。葉表は緑色かやや褐色がかった緑でツヤがあり、縁には細かい鋸歯がある。裏面には細かい毛がある。葉は互生する[3]

花期は9月から10月で、葉腋から花茎を出し、穂状に数花をつける。晩秋から一ヶ月かけて赤い果実がなり、11月から1月のころに熟す[2]。いわゆる木苺の形で、食用となる。木苺としては旨い方である。多くの木苺類は夏に熟すが、フユイチゴは冬に熟することが和名の由来である[2]。別名は「カンイチゴ」[3]

分布[編集]

中国中南部・台湾朝鮮半島南部[4]と日本の九州四国関東以西の本州に分布。森林の下生えに出る。林縁の道路ぞいなどに出現することも多い。山形県危急種(絶滅危惧種Ⅱ類・VU)に指定されている[5]

近縁種[編集]

  • アイノコフユイチゴ(R. x pseudohakonensis)
  • アマミフユイチゴ(R. amamianus)
  • コバノアマミフユイチゴ(R. amamianus var. minor) - 奄美固有の変種で、環境省レッドリスト絶滅寸前の種に指定されている[6]

絶滅危惧IA類(CR)環境省レッドリスト

Status jenv CR.png
  • オオフユイチゴ(R. pseudosieboldii) - フユイチゴとホウロクイチゴとの雑種という説もある。
  • コバノフユイチゴ(R. pectinellus) - 完全に地表を這う匍匐性の植物で、茎は地表から地中を這い、所々から短い地上茎を出す。花が初夏に咲き、かなり大きいので目立つ。本州から九州のやや標高の高いところにでる。種としては台湾とフィリピンにもある。
  • ミヤマフユイチゴ(R. hakonensis) - 全体にフユイチゴに似るが葉はやや三角形で先端が尖る。関東以西のやや高地、温帯域近くに分布する。
  • ホウロクイチゴ(R. sieboldii) - 全体はフユイチゴに似るがはるかに巨大で、葉も厚く毛深い。本州南岸から四国、九州、琉球列島および中国に分布する。日向に大群落を作る。

関連画像[編集]

W huyuitigo9011.jpg Rubus buergeri in Mount Ishiduontake 2011-02-26.jpg Rubus buergeri DSCN0581.JPG
フユイチゴの実 葉の表面 葉の裏面

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ フユイチゴ 花ごよみ”. 東山動植物園. 2011年9月14日閲覧。
  2. ^ a b c 高橋勝雄 『野草の名前秋・冬―和名の由来と見分け方』 山と溪谷社〈山溪名前図鑑〉、2003年10月、275頁。ISBN 4635070166
  3. ^ a b フユイチゴ”. 石川県. 2011年9月14日閲覧。
  4. ^ フユイチゴの仲間”. 森林総合研究所 (2010年6月1日). 2011年9月14日閲覧。
  5. ^ 日本のレッドデータ検索システム(フユイチゴ)”. エンビジョン環境保全事務局. 2011年9月14日閲覧。
  6. ^ 植物絶滅危惧種情報検索(コバノアマミフユイチゴ)”. 生物多様性情報システム. 2011年9月14日閲覧。

外部リンク[編集]