フジバカマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フジバカマ
フジバカマ
フジバカマ(2004年10月)
分類
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
階級なし : キク類 asterids
階級なし : キキョウ類 campanulids
: キク目 Asterales
: キク科 Asteraceae
亜科 : キク亜科 Asteroideae
: ヒヨドリバナ属 Eupatorium
: フジバカマ E. japonicum [1]
学名
Eupatorium japonicum Thunb. (1784) [1][2]
シノニム

E. fortunei Turcz. (1851) [3]

和名
フジバカマ
英名
Thoroughwort

フジバカマ(藤袴、Eupatorium japonicum)とはキク科ヒヨドリバナ属の多年生植物。秋の七草の1つ。

特徴[編集]

本州・四国・九州、朝鮮、中国に分布している。原産は中国ともいわれるが、万葉の昔から日本人に親しまれてきた。8-10月、散房状に淡い紫紅色の小さな花をつける。

Eupatorium fortunei

また、生草のままでは無香のフジバカマであるが、乾燥するとそのに含有されている、クマリン配糖体加水分解されて、オルト・クマリン酸が生じるため、桜餅の葉のような芳香を放つ。

  • 中国名:蘭草、香草
  • 英名:Joe-Pye weed;Thoroughwort;Boneset;Agueweed(ヒヨドリバナ属の花)

かつては日本各地の河原などに群生していたが、今は数を減らし、環境省のレッドリストでは準絶滅危惧(NT)種に指定されている。また「フジバカマ」と称する植物が、観賞用として園芸店で入手でき庭にも好んで植えられる。しかし、ほとんどの場合は本種でなく、同属他種または本種との雑種である。

Status[編集]

準絶滅危惧(NT)環境省レッドリスト

Status jenv NT.png

2007年8月レッドリスト。以前の環境省レッドデータブックでは絶滅危惧II類 (VU)

薬草としての藤袴[編集]

有毒物質のピロリジジンアルカロイドを含有している。

  • 利尿剤
  • 風呂の湯に入れる

意匠[編集]

文学の中の藤袴[編集]

  • 万葉集:秋の七草:「萩の花 尾花 葛花 瞿麦の花 女郎花 また藤袴 朝貌の花(万葉集・巻八 1538)
  • 源氏物語夕霧玉鬘に藤袴を差し出して「おなじ野の露にやつるゝ藤袴あはれはかけよかことばかりも」と詠いかける。
  • 「むらさきのふぢばかまをば見よと言ふ二人泣きたきここち覚えて 晶子」(与謝野晶子の『源氏物語』訳)

脚注[編集]

  1. ^ a b 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Eupatorium japonicum Thunb.”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2012年7月25日閲覧。
  2. ^ Missouri Botanical Garden. “Eupatorium japonicum Thunb.”. Tropicos. 2012年7月25日閲覧。
  3. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Eupatorium fortunei Turcz.”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2012年7月25日閲覧。

外部リンク[編集]