フェリックス・サボン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獲得メダル
キューバの旗 キューバ
男子 ボクシング
オリンピック
1992 バルセロナ ヘビー級
1996 アトランタ ヘビー級
2000 シドニー ヘビー級
世界ボクシング選手権
1986 リノ ヘビー級
1989 モスクワ ヘビー級
1991 シドニー ヘビー級
1993 タンペレ ヘビー級
1995 ベルリン ヘビー級
1997 ブダペスト ヘビー級
1999 ヒューストン ヘビー級
パンアメリカン大会
1987 インディアナポリス ヘビー級
1991 ハバナ ヘビー級
1995 マルデルプラタ ヘビー級
中央アメリカ・カリブ海大会
1986 サンティアゴ ヘビー級
1990 メキシコシティ ヘビー級
1993 ポンセ ヘビー級
1998 マラカイボ ヘビー級

フェリックス・サボンFélix Savón Fabré1967年9月22日 - )は、キューバ出身のヘビー級ボクサーアマチュアボクシングで活躍し、キューバ代表としてバルセロナアトランタシドニーオリンピックに出場し、3大会連続で金メダルを獲得した。身長198cm。ニックネームは“El Líder Máximo(The Maximum Leader)”。

経歴[編集]

1980年にデビュー。1988年ソウルオリンピックはキューバがボイコットしたため出場できなかったが、1992年のバルセロナオリンピック、1996年のアトランタオリンピック、2000年のシドニーオリンピックでいずれも圧勝で金メダルを獲得した。シドニーオリンピック開会式ではキューバ選手団の旗手を務めた。

ボクシングの同一階級での3連覇は、1972年ミュンヘンからモントリオールモスクワとヘビー級で3連覇したキューバのテオフィロ・ステベンソン以来史上2人目。複数階級を含めると、ハンガリーラズロ・パップ1948年ロンドンミドル級を、ヘルシンキメルボルンライトミドル級を制しており、3大会連続金メダルは3人目ということになる。

世界アマチュアボクシング選手権でも1992年から1997年まで6連覇[1]を達成。亡命してプロのリングに上がれば世界王者になれた可能性も十分あったが、「プロボクシングというのは結局、カネだけで汚い。オリンピックスタイルのボクシングはきれいで、競技者にとって、とても重要なものがある」とプロ転向を頑なに拒否し、アマにこだわった。

アンドリュー・ゴロタレイ・マーサーアクセル・シュルツデビッド・トゥアシャノン・ブリッグスダバリル・ウィリアムソンカーク・ジョンソンレイモン・ブリュースタールアン・クラスニキスルタン・イブラギモフなど後にプロで名を上げることになる選手の多くがアマチュア時代にサボンに敗北の苦杯を喫している。

シドニーオリンピックを最後に引退した。

通算成績は387勝21敗。また一説には通算582戦で負けたのは19戦だけであるという。

補足[編集]

  1. ^ ただし、1997年の世界選手権では決勝でウズベキスタンルスラン・チャガエフに敗れている。後に、チャガエフがプロとしてボクシングの試合を行っていたことが判明し金メダルを剥奪され、準優勝だったサボンが繰上げで金メダルを獲得した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]