テオフィロ・ステベンソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獲得メダル
キューバの旗 キューバ
男子 ボクシング
オリンピック
1972 ミュンヘン ヘビー級
1976 モントリオール ヘビー級
1980 モスクワ ヘビー級
世界ボクシング選手権
1974 ハバナ ヘビー級
1978 ベオグラード ヘビー級
1986 リノ スーパーヘビー級
パンアメリカン大会
1971 カリ ヘビー級
1975 メキシコシティ ヘビー級
1979 サンフアン ヘビー級

テオフィロ・ステベンソンTeófilo Stevenson、男性、1952年3月29日 - 2012年6月11日)は、キューバカマグエイ出身の元アマチュアボクシング選手。身長197cm、体重100kg。ミュンヘンモントリオールモスクワヘビー級にて金メダルを獲得した。8歳頃ボクシングを始め、1970年ナショナルチーム入り。1988年引退。通算成績152勝147KO21敗。

2012年6月11日、心臓病のために死去[1]。60歳没。

経歴[編集]

典型的なオーソドックススタイルであり、左でリードを取り、相手のパンチを目でかわし、文字通り「一撃で」決まる右ストレートで勝負を決める。また体格から来るパワーはもちろんパンチが当たる寸前でかわすテクニック、スピードにおいてアマチュア最高のボクサーであった。あまりに強すぎて対戦中に降参したボクサーすらいた。彼の敗戦はデビューしばらくと引退間際に集中しており、オリンピック出場時に勝てる相手が存在しなかったことを示している。

ステベンソンが勝利したボクサーの中には、後に世界ヘビー王座を獲得した選手が3人いる(ジョン・テイトグレグ・ペイジゲリー・コーツィー)。また当時はモハメド・アリジョージ・フォアマンジョー・フレージャーといった傑物が揃い、ヘビー級全盛時代を迎えていた。 当然、彼の元にはいつもプロモーターからの「亡命して祖国を捨てて、プロで怪物と対戦して、活躍して大金を儲けないか」といった誘いが絶えなかった。しかし「私は祖国も家族も愛している。国を捨ててプロになる必要はない。」と言って断り続けた。そして引退後はキューバのサトウキビ畑で汗を流した。

当時のアマチュアボクシングは頭部の安全のためのヘッドギア装着を義務付けておらず、プロとの技術面においての差も少なかった。従って亡命してプロに転向しようと思えばいつでも出来、試合ごとに大金が約束されていたことはまず間違いない。

なお、キューバは1984年のロサンゼルスオリンピックを政治的な理由でボイコットしているため、オリンピックにおける史上初のボクシング同階級4連覇を果たすことはできなかった。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Olympic boxer Teofilo Stevenson dies Yahoo! News 2012年6月12日閲覧