アクセル・シュルツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アクセル・シュルツ
Axel Schulz 01.jpg
基本情報
本名 Axel Schulz
通称 Der weiche Riese (The soft giant)
階級 ヘビー級
身長 191cm
国籍 ドイツの旗 ドイツ
誕生日 1968年11月9日(46歳)
出身地 ドイツの旗 ドイツバート・ザーロー
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 33
勝ち 26
KO勝ち 11
敗け 5
引き分け 1
無効試合 1
テンプレートを表示
獲得メダル
東ドイツの旗 東ドイツ
男子 ボクシング
世界ボクシング選手権
1989 モスクワ ヘビー級
ヨーロッパボクシング選手権
1989 アテネ ヘビー級

アクセル・シュルツAxel Schulz、男性、1968年11月9日 - )は、ドイツ出身のプロボクサー

IBF世界ヘビー級王座に3度挑むも、マックス・シュメリング以来2人目のドイツ人の世界ヘビー級王座獲得は果たせなかった。

来歴[編集]

1989年、モスクワ世界選手権91kg級で3位に入賞、銅メダルを獲得。

1990年10月5日、プロデビュー。

1992年9月19日、ドイツヘビー級王座決定戦でバーンド・フリードリッヒ(ドイツ)と対戦し、判定勝ちで王座を獲得。

1992年12月19日、EBUヨーロッパヘビー級王座決定戦でヘンリー・アキンワンデイングランド)と対戦し、判定ドロー。

1993年5月1日、EBUヨーロッパヘビー級王座決定戦でヘンリー・アキンワンデと再戦し、0-3の判定負け。プロキャリア初黒星となった。

1995年4月22日、IBF世界ヘビー級王座決定戦でジョージ・フォアマンアメリカ)と対戦し、0-2の判定負けとなったがこの判定は物議を醸した。フォアマンはシュルツとの再戦を拒否したため、IBF王座を剥奪された。

1995年12月9日、IBF世界ヘビー級王座決定戦でフランソワ・ボタ南アフリカ)と対戦し、1-2の判定負け。後日、ボタのステロイド剤使用が発覚し無効試合となった。

1996年6月22日、IBF世界ヘビー級王座決定戦でマイケル・モーラー(アメリカ)と対戦し、1-2の判定負け。

1999年9月25日、EBUヨーロッパヘビー級王座決定戦でウラジミール・クリチコウクライナ)と対戦し、8回KO負け。この試合を最後に引退した。

2006年11月25日、7年2か月ぶりに復帰し、ブライアン・ミント(アメリカ)と対戦し、6回TKO負け。「もうトレーニングはしない」と語り、再び引退した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]