ファビオラ・ズルアガ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ファビオラ・ズルアガ Tennis pictogram.svg
Fabiola Zuluaga RG 2005.JPG
ファビオラ・ズルアガ
基本情報
ラテン文字名 Fabiola Zuluaga
国籍 コロンビアの旗 コロンビア
出身地 同・ククタ
生年月日 1979年1月7日(35歳)
身長 172cm
体重 64kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 1994年
引退年 2005年
ツアー通算 5勝
シングルス 5勝
ダブルス 0勝
生涯通算成績 349勝245敗
シングルス 298勝189敗
ダブルス 51勝56敗
生涯獲得賞金 $1,358,668
4大大会最高成績・シングルス
全豪 ベスト4(2004)
全仏 4回戦(2004)
全英 2回戦(2003)
全米 3回戦(2003・04)
4大大会最高成績・ダブルス
全仏 1回戦(2004)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 16位(2005年1月17日)
ダブルス 128位(1999年2月1日)

ファビオラ・ズルアガFabiola Zuluaga, 1979年1月7日 - )は、コロンビアククタ出身の女子プロテニス選手。2004年全豪オープンでベスト4に進出した。シングルス自己最高ランキングは16位。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。WTAツアーでシングルス5勝を挙げた。

来歴[編集]

1993年にプロ入り。1994年から女子テニス国別対抗戦・フェドカップコロンビア代表選手となる。1997年全仏オープン4大大会の予選会に初挑戦したが、予選の3回戦で敗れて本戦出場を逃す。(予選会は、3試合を勝ち上がらないと本戦出場資格を得られない。)ズルアガは4大大会予選で4度涙を飲んだが、1998年全米オープンでついに本戦出場を果たし、本戦の2回戦でアランチャ・サンチェス・ビカリオに挑戦した。1999年から4大大会の顔触れとして定着し、全仏オープンではリンゼイ・ダベンポートとの3回戦に勝ち進んでいる。同年にウィンブルドンの本戦にも初出場したが、1回戦でマリー・ピエルスに敗退する。2度目の全米オープンでは、2回戦でエレーナ・デメンチェワに敗れた。

2000年には全豪オープン本戦にも初出場し、2回戦でジュリー・アラール=デキュジスに敗れたが、こうしてズルアガはコロンビアのテニスを世界に紹介し始めた。2000年シドニー五輪コロンビア代表選手にも選ばれ、女子シングルスでアランチャ・サンチェス・ビカリオとの3回戦まで進出する。同年10月に初来日し、「トヨタ・プリンセス・カップ」と「ジャパン・オープン」を連戦した。

その後故障でしばらくツアーを離れたが、2001年10月に復帰する。2003年フェドカップで、コロンビア・チームは初めて最上位8ヶ国の「ワールドグループ」進出を果たした。2004年全豪オープンで、ファビオラ・ズルアガはコロンビアの女子テニス選手として史上初のベスト4進出を成し遂げる。準々決勝でフランスアメリ・モレスモが試合直前に故障を起こしたため、ズルアガは不戦勝で準決勝に進んだが、第1シードのジュスティーヌ・エナン=アーデンに 2-6, 2-6 で敗れた。この年は全仏オープンでもセリーナ・ウィリアムズとの4回戦に進出し、ここでも自己最高成績を出している。同年のアテネ五輪で2度目のオリンピック出場も果たし、シングルス3回戦でイタリアフランチェスカ・スキアボーネに敗れた。

2005年1月17日付の女子テニス世界ランキングで、ファビオラ・ズルアガはコロンビア人選手として最高順位の「16位」にランクされたが、2005年全米オープンの2回戦でキム・クライシュテルスに敗れた試合を最後に現役を引退した。

WTAツアー決勝進出結果[編集]

シングルス: 6回 (5勝1敗)[編集]

大会グレード
グランドスラム (0–0)
ティア I (0–0)
ティア II (0–0)
ティア III (3–1)
ティア IV & V (2–0)
結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
優勝 1. 1999年2月21日 コロンビアの旗 ボゴタ クレー ギリシャの旗 クリスティナ・パパダキ 6-1, 6-3
優勝 2. 1999年10月10日 ブラジルの旗 サンパウロ クレー オーストリアの旗 パトリシア・ワーツシュ 7-5, 4-6, 7-5
準優勝 1. 2000年5月28日 スペインの旗 マドリード クレー スペインの旗 ガラ・レオン・ガルシア 6-4, 2-6, 2-6
優勝 3. 2002年2月24日 コロンビアの旗 ボゴタ クレー スロベニアの旗 カタリナ・スレボトニク 6–1, 6–4
優勝 4. 2003年2月23日 コロンビアの旗 ボゴタ クレー スペインの旗 アナベル・メディナ・ガリゲス 6–3, 6–2
優勝 5. 2004年2月29日 コロンビアの旗 ボゴタ クレー スペインの旗 マリア・サンチェス・ロレンツォ 3-6, 6-4, 6-2

ダブルス: 1回 (0勝1敗)[編集]

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
準優勝 1. 2002年9月22日 カナダの旗 ケベックシティ ハード
(室内)
アルゼンチンの旗 マリア・エミリア・サレルニ アメリカ合衆国の旗 サマンサ・リーブス
南アフリカ共和国の旗 ジェシカ・ステック
6-4, 3-6, 5-7

4大大会シングルス成績[編集]

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 1997 1998 1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 通算成績
全豪オープン A A A 2R A A 1R SF 2R 6–4
全仏オープン LQ LQ 3R 3R A 1R 3R 4R 2R 10–6
ウィンブルドン LQ LQ 1R A A A 2R 1R A 1–3
全米オープン A 2R 2R A A 2R 3R 3R 2R 8–6

: 2004年全豪準々決勝の不戦勝は通算成績に含まない

外部リンク[編集]