ヒャルティ・スケッギャソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
これはアイスランド人の名前です。姓にみえる部分は父称であり、の名前としてのではありません。この記事で取り扱っている人物は、正式には個人名ヒャルティで呼ばれます。

ヒャルティ・スケッギャソン[1]またはスケギの息子ヒャルティ[2](Hjalti Skeggiason)は、10世紀後半から11世紀前半を生きた、アイスランドの有力者である。

解説[編集]

アイスランド人の書』によれば、ヒャルティはショルサル谷のスケギの息子であった。ノルウェーオーラブ王がアイスランドのキリスト教化のため、神父タングブランドを送りこんだ際、首領の一人であったヒャルティは、義父[注釈 1]〈白い〉ギツール[2](またはギツル[4]Gissur hvíti Teitsson)と共に神父から洗礼を受けた。この時はまだ洗礼を拒んだ人のほうが多かった。999年、ヒャルティはアルシングにおいて旧来の神々を冒涜する詩を謡ったため追放となった。この年にノルウェーに帰国したタングブランドが、アイスランドでの改宗の成果が芳しくなかったことを王に報告すると、王がノルウェー国内にいたアイスランド人を拘束したため、ヒャルティとギツールは王を訪ねて改宗を進めることを約束し、人々を釈放させたという[5]

翌年(1000年)のアルシングにおいて、ヒャルティとギツールは、アイスランドがキリスト教を受け入れるようにと法の岩の上から訴えた[5]。なお『キリスト教のサガ』によると、ヒャルティとギツールの語った後には恐怖が人々を襲い、彼らに反論できた者はいなかったという。このことについてシーグルズル・ノルダルは、おそらく2人の言葉によって、西暦1000年に世界の終わりが訪れることを人々が認めたためであったと考えている[6][注釈 2]

ヘイムスクリングラ』の『聖オーラーヴル王のサガ』によれば、ヒャルティはその後、ノルウェーでオーラヴ・ハラルズソン王と共に時を過ごした後、スウェーデンヴェステルイェートランドラグンヴァルド・ウルフソン英語版およびウプサラオーロフ・シェートコヌングの元へ赴くビョルンの外交使節団の一員としてビョルンに同行した[8]。 この旅に関するスノッリ・ストゥルルソンによる詳細な記述は、おそらく、アイスランドへ帰還の後にヒャルティがまとめた報告に基づくものであろう。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ ヘイムスクリングラ』の『オーラヴ聖王のサガ[3]によると、ギツールの娘ヴィルボルグがヒャルティの妻となった。
  2. ^ この話し合いのさなかには近隣の火山が噴火し、異教徒がそれを神々の怒りだと訴えたのに対し、キリスト教徒となっていた首領スノリが「神々はどちらに怒っているのか」と尋ねる場面もあった(ヘトリスヘイジ#西暦1000年の噴火も参照)。そして『アイスランド人の書』がさらに語るところでは、この日、キリスト教派と旧来の宗教派は決裂した。キリスト教徒が首領の1人、シーダのハルに依頼しハルが〈法の宣言者〉のトルゲイルに依頼したことで、トルゲイルによるキリスト教採択の宣言に至った[7]

出典[編集]

  1. ^ 『ヘイムスクリングラ(二)』262頁(第六十八章 和睦の試みのはじまり)。
  2. ^ a b 『サガとエッダの世界』にみられる表記。
  3. ^ 『ヘイムスクリングラ(二)』266頁(第六十九章 軍司令官ビョルンの旅)。
  4. ^ 『巫女の予言 エッダ詩校訂本』にみられる表記。
  5. ^ a b 『サガとエッダの世界』237-241頁。
  6. ^ 『巫女の予言 エッダ詩校訂本』71-74頁。
  7. ^ 『サガとエッダの世界』237-241頁。
  8. ^ 『ヘイムスクリングラ(二)』268頁(第七十章 ビョルンとインギビョルグの話し合い)。

参考文献[編集]