ヒカゲノカズラ植物門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヒカゲノカズラ植物門 Lycopodiophyta
Lycopodium plant.jpg
分類
: 植物界 Plantae
: ヒカゲノカズラ植物門 Lycopodiophyta
学名
ヒカゲノカズラ植物門
和名
Lycopodiophyta
  • 本文参照

ヒカゲノカズラ植物門(ヒカゲノカズラしょくぶつもん、学名Lycopodiophyta)は、シダ植物の一群である。小葉植物門ともいう。維菅束を持つ植物の中でも古い体制を残す植物のひとつで、細かな葉を持つものが含まれる。古生代に栄えたシダ類の生き残りとも言われる。

ヒカゲノカズラ植物門は、ヒカゲノカズラクラマゴケミズニラなどの植物を含む。共通の特徴はその葉が小葉からなることである。維管束植物は大きく真葉植物(種子植物+大葉シダ類)と小葉植物(小葉シダ類)の二つの系統からなるが、後者がヒカゲノカズラ植物門である。そのは細くて単純な形をしており、葉脈が主脈だけしかないのが特徴である。大葉類にも小さな葉と一本だけの表脈しか持たないものもあるが、小葉類の場合、維管束の配置から異なっており、葉跡の上に葉隙を生じない。

なお、マツバラン類についてはこの門の中に含められてきたが、最近ではシダ植物門のほうに含めるようになってきている。

形態[編集]

ヒカゲノカズラ類、イワヒバ類、ミズニラ類の3群があり、それぞれを独立の目や科とするが、細分する説もある。植物体の形はそれぞれに様々である。ヒカゲノカズラ類、イワヒバ類は、長く茎を伸ばし、その表面に小葉を並べる姿のものが多い。ミズニラ類は、ごく短縮した茎から細長い葉を密生する。また、この類はシダ類ではめずらしい水草でもある。

特殊な構造として、ミズニラ類とイワヒバ類には担根体というものがある。これは、茎から出て地表に向かうもので、地面に接するとそこから根が出るが、葉を持っていないので茎とも言えない。ミズニラのそれはごく目立たない。

生活環[編集]

植物体の表面に胞子嚢をつける。ヒカゲノカズラ類、イワヒバ類の場合には胞子葉の上面基部につく。胞子葉は他の葉にまじって着く例もあれば、まとまってはっきりした穂の体を成すものもある。ミズニラの場合も同様であるが、茎が短く葉が密生するので、葉の付け根のところと言った方が分かりやすい。

胞子形成時に減数分裂が行われ、胞子が発芽すると前葉体となり、ここに精子と卵細胞が形成され、受精によって親植物が発生を始める、という点はシダ植物全体で共通である。普通のシダ植物の場合、前葉体は小さなコケのような姿で、緑色をして自活する。しかし、ヒカゲノカズラ植物門のものの前葉体はそれぞれにかなり特殊である。

ヒカゲノカズラ類の一部では、前葉体は地下で塊状に成長し、菌類共生して菌根状態となる。

クラマゴケ類とミズニラの場合、胞子には形成される胞子のうによって大胞子と小胞子の区別があり、それぞれからは雌性前葉体と雄性前葉体が形成される。しかも、これらの前葉体は胞子の壁を破っても外へと成長することがない、内生型という型の前葉体である。

系統と分類[編集]

この類は、古生代石炭紀頃に地上で繁栄し、大森林を形成し、その後ほとんどが絶滅した群(リンボクフウインボクなど)の生き残りであろうと考えられている。

下記三群を現生種とし、普通はそれぞれに目を置くが、科の分類についてはより細かく分ける場合もある。上位分類についてはシダ植物シダ植物門等も参照のこと。

関連項目[編集]