パーカーホ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パーカーホ
Giant Barb.jpg
Catlocarpio siamensis
保全状況評価
CRITICALLY ENDANGERED (IUCN Red List Ver.3.1(2001))
Status iucn3.1 CR.svg
[1]
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
上目 : 骨鰾上目 Ostariophysi
: コイ目 Cypriniformes
: コイ科 Cyprinidae
亜科 : バルブス亜科 Barbinae
: カトロカルピオ属 Catlocarpio
: パーカーホ C. siamensis
学名
Catlocarpio siamensis
(Boulenger, 1898)
和名
パーカーホ
英名
Giant barb or Siamese giant carp

パーカーホタイ語: กระโห้英語: Giant barb)はコイ科で最大の魚である。バルブス亜科カトロカルピオ属に属し、カトロカルピオ属はパーカーホのみで一属一種である。

分布[編集]

東南アジアタイカンボジアラオスベトナムメコン川メークローン川チャオプラヤー川に生息する淡水魚である。

形態[編集]

頭部が大きく、触鬚(ひげ)がない[2]。背鰭に棘がない。淡水魚で最大級の大型種であり、コイ科で最大の種である[3]。最大で全長3m、重量300kgに達するが[2]、100kgを超える個体は最近[いつ?]は非常にまれである。通常はメスの方がオスより大きくなる。

また、植物だけを食べる魚類としても、メコンオオナマズと並び世界最大とされる[4]

パーカーホは南アジアインドからミャンマーにかけて分布するカトラと形態が酷似しており過去には同一種であると誤認して報告されていた。パーカーホ(染色体数2n=98)の祖先型は二倍体であるカトラ(2n=50)の祖先型から染色体の倍数化によって四倍体として出現し、地理的隔離によって分化したものと考えられる[5]

生態[編集]

回遊魚であり、餌場や繁殖の場を求めて季節ごとに移動する[2]成魚は普段は大きな河川の深いにいるが、水量が増す雨季には運河氾濫原浸水林に移動する。10月にメコン川下流に現れる若い個体群が観察されている[2]。普段はオスとメスがペアで行動する[6]幼魚は通常は小さな支流湿地帯で見られるが、池や運河に封じられた場合にはその環境に順化する[2]。繁殖可能な成魚になるまでに約7年かかる。

藻類プランクトン、浸水林の果実デトリタスなどを食べる。

保全状態[編集]

現地では美味とされており、食用にするための捕獲と生息環境の破壊により個体数が減少している[2]。近年は成魚になるまで生存する個体が非常に少なくなっている。メコン川を管理する政府間組織のメコン川委員会によると、記録された漁獲数は2000年に10尾まで減少している。

脚注[編集]

  1. ^ Hogan, Z. (2011)Catlocarpio siamensis IUCN Red List of Threatened Species.
  2. ^ a b c d e f Froese, Rainer, and Daniel Pauly, eds. (2007). "Catlocarpio siamensis" in FishBase. Mar 2007 version.
  3. ^ Nelson, Joseph S. (2006). Fishes of the World. John Wiley & Sons, Inc. ISBN 0471250317
  4. ^ ジンベイザメは性質がおとなしいことや、大きな魚類を捕食しないことから、俗な表現で“草食系のサメ”と呼ばれることもあるが、実際には植物食ではない。
  5. ^ Suzuki, A. and Y. Taki (1988). "Karyotype and DNA content in the cyprinid Catlocarpio siamensis" Japanese journal of Ichthyology 35(3): 389-391.
  6. ^ Southeast Asia Rivers Nework. "The Return of Fish, River Ecology and Local Livelihoods of the Mun River : A Thai Baan (Villagers') Research" n.p. November 2004. p. 59

外部リンク[編集]