パインバレー北京オープン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Golf pictogram.svgパインバレー北京オープン
Nuvola apps kolf.svg トーナメント情報
開催地 中華人民共和国の旗 北京市
創設 2007
開催コース Pine Valley GC
基準打数 7,299 yards
ヤーデージ 72
ツアー アジアンツアー (2007-2008)
日本ゴルフツアー機構 (2008)
競技方法 ストロークプレー
賞金総額 USD1,200,000
開催月 5月
最終年 2008
Nuvola apps kolf.svg 最高記録
最少打数 274 ガウラブ・ゲイ (2007)
通算スコア -14 (複数あり)
Nuvola apps kolf.svg 最終優勝者
日本の旗 藤田寛之
テンプレートを表示

パインバレー北京オープン(Pine Valley Beijing Open)は華彬(フォアピン)国際集団の主催、中国ゴルフ協会・アジアンツアー日本ゴルフツアー機構(JGTO)の公認により、中国北京郊外にあるパインバレー・ゴルフリゾート&カントリークラブで行われている男子プロゴルフトーナメントである。2008年現在、賞金総額100万ドル(約1億660万円)、優勝賞金15万8500ドル(約1690万円)[1]

2007年にアジアンツアーの一つとして新設され、更に2008年以降はJGTO公認大会となった。日本ゴルフツアーが日本国外でゴルフトーナメントを開催するのはこの大会が初めてとなったが、2009年の大会(5月7日から10日に開催予定)については当初の予定通り開催できないことが2009年4月7日までに明らかになった[2]。原因としては経済状況の悪化などが挙げられているが、同日付のスポーツニッポンによれば、大会の主導権を巡って中国ゴルフ協会とアジアンツアーが対立。これにJGTOが巻き込まれた形になったと報じている。JGTOは大会の延期を発表したが、結局8月25日に2009年大会の中止が正式に決まった[3]

以前、日本ゴルフツアーとアジアンツアーの共同公認による大会としては茨城県で「ダンロップオープン」(後に「キリンオープン」に改称)が、沖縄県で「アジア・ジャパン沖縄オープンゴルフトーナメント」が行われていた。なお2008年からはJGTOとアジアンツアーの共同公認大会として、「アジアパシフィック・パナソニックオープン」が開催されている。

歴代優勝者[編集]

開催回 開催年 優勝者名
2007年 第1回 インドの旗 ガウラブ・ゲイ
2008年 第2回 日本の旗 藤田寛之
2009年 第3回 (開催中止)

脚注[編集]

  1. ^ 1ドル=約106円60銭で算出。日本人選手については大会終了後に円換算にて賞金ランキングに加算される。
  2. ^ 2009年4月8日付・サンケイスポーツ「北京オープン開催中止も」、日刊スポーツ「北京OP中止も」の各記事による。
  3. ^ 経済不況の影響で延期の北京オープン中止 日刊スポーツ2009年8月25日閲覧

外部リンク[編集]