バイコヌール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バイコヌール
Байқоңыр
Байконур
Baikonuriss.jpg
バイコヌール市街地
Флаг города Байконур.svg Baikonur seal.png
位置
バイコヌールの位置の位置図
バイコヌールの位置
座標 : 北緯45度37分 東経63度19分 / 北緯45.617度 東経63.317度 / 45.617; 63.317
歴史
バイコヌール宇宙基地建設 1955年6月2日
ロシア租借 1994年-2050年(予定)
バイコヌールに改名 1995年12月20日
旧名 レニンスク(Ле´нинск)
行政
ロシアの旗ロシア連邦租借地
(カザフスタンの旗カザフスタン領)
バイコヌール
地理
面積  
  域 57km2
標高 100m
人口
人口 2014年現在)
  域 73,127人
    人口密度   1,282.92人/km2
その他
等時帯 UTC+6
事実上のロシア領。
バイコヌールとシルダリヤ川

バイコヌールカザフ語: Байқоңырロシア語: Байконур, Baikonur)は、カザフスタン共和国クズロルダ州にある都市。現在はロシア連邦が使用権を持ち管理している。

名称[編集]

本来のバイコヌールカザフ語版は、ここから約500km北東のカラガンダ州ジェズカズガン英語版近郊にある鉱業の盛んな町である。発射場の位置を秘密にして特定されないように、この名前が付けられた。カザフ語のバイコヌール(カザフ語: Байқоңыр)には「裕福な茶色」(つまり「たくさんのハーブがある肥沃な土地」)という意味がある。

かつてこの地はチュラタム英語版ロシア語: Тюрата́м)と呼ばれ、現在も鉄道駅の名称にその名を留めている。

歴史[編集]

バイコヌール宇宙基地のために建設され、かつてはレニンスク(ロシア語: Ле́нинск)と呼ばれた閉鎖都市であったが、1995年12月20日ボリス・エリツィンにより公式にバイコヌール(ロシア語: Байконур)へ改名をした。

ロシアの租借地として[編集]

この都市の運命は、ソビエト/ロシアの宇宙計画やバイコヌール宇宙基地に影響されてきた。住民は基地の支持派と反対派に分かれ、悲劇の民と一部で呼ばれた。

バイコヌールはロシア連邦がカザフスタンより年間1億1500万USドルの契約で町全体を租借し、事実上の行政区として扱っている。これは、同市にある、ソ連時代の1955年に建設されたバイコヌール宇宙基地がロシアにとって今なお重要な宇宙開発施設であることに起因する。このためバイコヌールの行政権はロシアが握っており、例えば市長は、ロシア大統領が推薦し、カザフスタン大統領が承認することで任命される。また、ロシアの法律が適用され、通貨もカザフスタンのテンゲではなくロシアのルーブルが流通している。この租借契約は1994年に合意され、2050年まで続く見込みである。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]