ハーヴェイ・アレン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ウィリアム・ハーヴェイ・アレン英語:William Hervey Allen1889年12月8日 - 1949年12月28日)は、アメリカピッツバーグ出身の小説家詩人

代表作の1933年に著されたフランス軍人皇帝であるナポレオン・ボナパルトの時代に関する歴史小説風雲児アドヴァース英語版』はベストセラーになった[1][2]

生涯[編集]

1889年12月8日、アメリカペンシルベニア州のピッツバーグに生まれる。その後ピッツバーグ大学卒業して1915年社交クラブシグマ・カイ英語版メンバーとなる。

第一次世界大戦アメリカ陸軍中尉として参戦し、自身の体験談を基に1926年ノンフィクション小説『戦火の中へ(Toward the Flame)』を著した[1]

また、サウスカロライナ州チャールストンにあるen:Porter-Gaud Schoolで英語を教えた。

作品[編集]

アレンはロマン主義的な作品が多い[3]

脚注・参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 万有百科大事典 1973, p. 32.
  2. ^ 島田太郎『アレン[リンク切れ] - Yahoo!百科事典
  3. ^ a b グランド現代百科事典 1983, p. 120.

参考文献[編集]