ハーマン・カーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
インタビューに答えるハーマン・カーン(1965年5月11日

ハーマン・カーン(Herman Kahn、1922年2月15日 - 1983年7月7日)は、アメリカ合衆国未来学者、軍事理論家。一般システム理論の論客として知られる。シンクタンクハドソン研究所創設者。京都産業大学学事顧問。

ニュージャージー州ユダヤ系の一家に生まれる。10歳で両親の離婚に伴い、兄弟と共にカリフォルニア州に移住。カリフォルニア大学ロサンゼルス校に入学して、物理学を専攻した。第二次世界大戦中はビルマ戦線で通信兵として従軍し、中性子爆弾の開発者となったサミュエル・T・コーエンの引きで1947年ランド研究所に入所。カリフォルニア工科大学博士号を取得し、冷戦下における戦略分析に従事した。

1959年プリンストン大学に出向し、ランドに戻ると『水爆戦争論』を上梓。核戦争下の民間防衛について論じたこの本は、死の灰の影響を低く評価し限定核戦争を肯定するなど多くの批判に晒された。しかし一方ではバートランド・ラッセルが核兵器による平和の達成を不可能だと論証したと評価するなど、平和主義的立場から(本来の意図とは違う意味で)評価されたりもしている。

その後関心を未来学に移し、1961年にランドから独立してハドソン研究所を創設、所長となった。1970年には『超大国日本の挑戦』を著し、「21世紀は日本の世紀」と断言。「2000年頃に日本の国民一人当りの所得がアメリカと並んで世界一のレベルに達する」「軍事的にはアメリカの、経済的には中華人民共和国の影響下に置かれる」などと予想した。

パーソナル[編集]

  • カーンはアメリカ陸軍始まって以来のIQの高さを持っているというのは有名だが、実際はあらゆるIQテストの傾向を分析して対策を練った上でIQテストに臨んだことで好成績を残したというものだった。ちなみに30分で全問解答して一旦会場から退出したものの、後になって1問ミスに気付いて会場に戻った。
  • カーンは『水爆戦争論』での過激な主張もさることながら、演説好きで肥満体という一種独特なキャラクターから様々なフィクション作品でモデルになっている。映画『博士の異常な愛情』では主人公のドクター・ストレンジラブのモデルとなり、カーン自ら同作品を監督したスタンリー・キューブリックに著作権料を要求したというオマケまでついた。またガンダムシリーズに出てくるアクシズネオ・ジオン)の指導者ハマーン・カーンも、カーンのアナグラムから由来している。

日本語訳著書[編集]

単著[編集]

共著[編集]

  • (アンソニー・ウィーナー)『紀元2000年――33年後の世界』(時事通信社, 1968年)
  • (B・ブルース・ブリッグス)『世界はこう変わる――1980年代の展望』(時事通信社, 1972年)
  • (トーマス・ペッパー)『それでも日本は成長する――悲観病脱出のすすめ』(サイマル出版会, 1978年)
  • (トーマス・ペッパー)『オーストラリアは大丈夫か――資源大国・4つの選択』(サイマル出版会, 1980年)

編著[編集]

  • 『企業――その生き残る条件』(産業能率短期大学出版部, 1975年)

関連項目[編集]

参考文献[編集]